時の流れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この前の金曜日、会社のメンツと飲み。
普段はみんな「仕事終わったらスパッと帰る」スタンスなので、
終業後に飲みなんて無いんだけどさ、まあ年に2~3回くらいは。。
19時より、その辺の普通の居酒屋へ。
疲れてて酒が回りそうなので、事前に「ウコンの力」をゲットして飲んでおく。
この辺が、もうすでに”疲れたサラリーマン”だな。。
で、程なくみんな集まってワイワイと飲み。
“みんな”とは言っても、5人だけどね。男2人に女3人。ウホッ!
私は枝豆と鳥唐だけあれば生きていけるので、それでビール(中生)を。
2杯目を何にしようかメニューを見ると、ホッピーがあったのでそれを注文。
中(焼酎)を2杯くらいおかわりしたかな?
その後、日本酒をお猪口1杯だけグイッといって、締め。
なんと、それだけでけっこう回ってしまった。。。
で、昨日。
久々に学生の頃のメンツ6~7人(かみさん含む)で飲んだ。
やっぱり最初はビール。その後焼酎をボトルで。
水割りで3~4杯しか飲んでないのに、それなりにいい気分に。。

いや、なんて言うかですね、酒はかなり強いほうだったんですよ、私。
別に高校生の自慢じゃないけど、ビールなんかじゃ酔っ払わないし、
焼酎も、1人でボトル空けちゃうくらいはなんでもなかった。
学生の頃は、4人で行きつけの飲み屋で散々飲んだ挙句に店長から一升瓶をもらい、
「これ、やっぱり空けないと(カラにしないと)失礼だよなぁ」
「やっぱそうでしょ。残したら失礼でしょ。」
みたいな意味不明な流れで、結局その場であっという間に飲んじゃったり。。
フットサルの帰りにはみんなで飲み屋に行って、
店の焼酎のボトル全部飲んじゃったり、日本酒も全部飲んじゃったり。。
別に私だけではなく、周りもみんな似たようなもんでさ、
それこそ”水”のように飲んでいたんだけどね…。
もちろん、「酒が飲めるからどうたらこうたら」とか
「酒が飲めないなんてどうたらこうたら」って気持ちは無い。
飲めないヤツがいても、まあ社交辞令的に軽く勧めたりはするけど、
無理して飲ませたりなんて気持ちは毛頭無いし。
ただ、「衰えてきたな」と思ってさ。自分がさ。
焼酎ならいくら飲んでも翌朝に引きずらなかったのに、今はダメ。
日本酒なんて、徳利2本も飲めばもうアップアップ。
まあ、少量で酔えれば、そのほうが体にもお財布にも優しいんだろうけどさ。
怪我の治りも遅けりゃ、1晩寝ても疲れが取れない。
木曜金曜あたりは疲れが溜まってヘロヘロだし、徹夜なんかした日には3~4日使えない。
フットサルでは明らかに昔より動けないし、瞬間的に足が出ないし、
反射神経もバランスも持久力もスピードも、とにかく全てが下り坂なのを痛感する。
「35歳」にしては、老けてはいないと思っているけどさ。
でもやっぱり、年を取っていくという”時の流れ”は残酷よね…(涙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。