秘技! 自動改札塞ぎ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がまだ小学生の頃は、電車の改札と言えば駅員さんがカチカチとハサミ(改札鋏)を
鳴らし、切符に切り込みを入れていました。

あの独特のリズムでのカチカチ。懐かしいですね。

現在では、人の多いところではほとんど自動改札でしょう。
まだ地方では駅員さんがハサミいれている駅もあるのでしょうか?

自動改札は恐ろしい!!

朝のラッシュ、乗客は自動改札を流れるように通過。
しかし、一たび前がつかえると猛烈なストレスに襲われます。

同時に、自分がその原因とならないか一瞬緊張しながらの通過ですね。

連続自動改札塞ぎ魔事件

とある朝、東京メトロ某駅。

比較的混む改札なのに、降車の改札が3つほどでただでさえストレスフルな場面。
通勤のサラリーマン/OL群に混ざって、お出かけなのかお散歩なのか、
ちょっとダサい普段着の押しの強そうなおばちゃんが降りました。

ゴテゴテした財布をモタモタと取り出し、その時点で3人ほど後ろにいた私はピリピリ(笑)
そして事件は起きました。

自動改札
おばさん、PASMOをペタ→「ピンポーン!(ドアが塞がり赤ランプ)」
「あらやだ。」ケツから隣の改札にスライドし、PASMOをペタ!「ピンポーン!」
「あら。」

「あら」じゃねーよ!! なに2つ塞いでんだよ!!
驚いたことに、さらに隣へ割り込み、ご想像の通り「ピンポーン!」・・・。
全ての自動改札が、見事きれいに封鎖されました。

もうこれは、いくらおとなしいと言われる日本人でも暴動が起きる寸前!
一触即発状態の緊迫しきった空気がビリビリと震えていました。

何かの調査で、戦場と同じストレス度と言われる朝の通勤ラッシュ。
朝一番の皆の心を砕くに充分な強烈な爆弾を投下してくれました。

・・
いやあ、自動改札は恐ろしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。