想像力の欠陥

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の勤務先で、先日「ビジネスにおける美人の効果」をテーマとして
全国の企業にアンケート調査をしました。対象は20~40代男性会社員600名です。

その結果を簡単にまとめたのが下記です。
イケメン調査 「美人」だと思った瞬間については、
・「いつもおいしいお茶をくれること」(35歳)
・「ご飯を笑顔でおいしそうに食べること」(29歳)
・「外回り後で暑いとき、冷房の向きを変えてくれたこと」(47歳)
・「年上の人間に対しての言葉使い、飲みに付き合ってくれたり、
 周りの人間への心くばりが出来るところ」(41歳)

など、さりげない気配りができる姿を見たときに「美人」だと思ったとのこと。

想像力の欠陥

・・・
はい、フィクションです。これ↓のパクリです。

「職場にイケメンが必要」と回答した女性会社員は83.7%
http://news.mynavi.jp/news/2015/08/10/094/


なんかこう、男女逆だったらどうなるかとか思いつかないのかね?

「美人がいるとモチベーションが上がる!社内コミュニケーションが活発になる!」
なので美人は社内を活気づける!

と、言葉の裏にある「ババアより若い美人」と誰もがわかるような発表したら、
どれだけ非難を浴びるか予想できないのでしょうか?

「これだから女は・・」と思う人もいれば「女がみんなこんなだと思われたくない」と
思う人もいるでしょう。

また、男が女に対する容姿や年齢に関わる意見は、セクハラだの男尊女卑だのと
過剰に気を遣わなければならないような現在の風潮だというのに、
その逆は別に気を遣う必要などない、と思わせることになる影響もあるでしょう。

なんの経済効果も無い、誰も得しない、むしろ明らかに不快に思う人が
少なからず表れるであろうことがなんでわからんのでしょうか?
中学生か高校生なのかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。