囚われ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の中で、あまり意識しないうちに

-「○○でなければならない」
-「○○であるべき」

ってのが育ち、30も半ばに差し掛かる今、それが長年蓄積された塊りとなって
柔軟性が無くなり、硬く、取り除き難いものになっている気がする。

・家族の柱としての父親像
・子供の親としての父親像 …とかね。
「自分の器もわからない身の程知らず」って嫌い。
と書いても、じゃあどこまで自分が自分を知っているかって聞かれるとわからん…(ぉぃ

ただ、わかりやすい例で言うとさ、

・企業の社長として、経営センスを活かしながら社員に対してはカリスマ性を持ち、
バイタリティ溢れる仕事をできるか?

とか、そういうのわかるじゃん。もっと細かく言うなら、

・今抱えてるこのタスクと、もう1つくらいならこなせそうだけど、
さらにもう1つ降ってきたら回らなくなって支障が出るな

とかさ。
おいらはそこの中で矛盾があるんだと思う。

別に全然”亭主関白”みたいな感じじゃなく、精神的な意味で
「家族の中では、”絶対の信頼を置けるある意味古い父親像”であるべき」
という、完璧主義のような囚われ。

「子供に対しては、”人生の目標であり乗り越えるべき壁”であるべき」
という、理想主義のような囚われ。

自分の幼少期における、かすかな記憶の中での”有害な父親像”と、
その後の”父親の欠落”という事実からこんな理想像を描き、
勝手にそれにこだわり、囚われているんだと思う。

もちろんこれだけじゃないんだけどね。。

強い人間ならそれに正面から対峙し、悩み葛藤しながらもクリアしていくんだと思う。
弱い人間なら対峙を避け、自分なりの妥協を見つけて要領良くやるんだと思う。

おいらは正面から対峙できるほど、強く器の大きい人間ではない。
一応30年以上生きてきた経験から、その程度は自分でわかる。

「小さく脆弱な存在」とは思わない(思いたくない?)けれども、
同時に”強く”は無いことは確かだと思う。

打たれ弱いよ。防御力9くらい(謎 しかもHPも低いから、ギラされると全滅(もっと謎
ならば、”完璧”を求めず”妥協”をする道を選べばいいのに、
変なプライドからか、それをしないところがおいらの中での矛盾となっている。

社長の器が無いのに社長をやったら会社は潰れるし、
これ以上こなせないのに仕事を引き受けたら、期日までにやっつけることはできない。
できもしない理想を完璧主義で求めたって、できないものはできない。
そこで歪みが出て、それが精神的に不安定になる要因なんじゃないかと思うんだよね。

妥協ってしたくない。
妥協して低いクオリティで済ませるくらいなら、やりたくない。

ある意味”真面目”なんだろうね。職人気質。
おぉ、かっこいい! w(°o°)w

けど、それにより何かしら弊害が出るなら、その気持ちはデメリットでしかない。
それは頭ではわかっているんだけど。。

でも1度妥協して自分に甘くすると、それがクセになるっていうか広がってしまうと言うか、
なんかもっと大きな後悔になっていくんじゃないか、
それが怖いし、そしてそういう自分になりたくないんだよね。

自分で言うのもバカみたいだけど、いろんな面で要領はいいほうだと思うよ、おいら。
要領いいし、ずる賢いし、抜け道見つけるの得意だし、世渡り上手な部類だと思う。

けど、なんか変な部分で意固地になって、融通を利かせられない自分がいる。
我ながら手が掛かるよ、全く。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。