殴られて初めてわかる痛み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イマイチ写真じゃ”腫れ具合”がわからないね。
(週明けから汚い足の写真ですいません)
何度も休もうかと思ったけど、出社しましたよ。
家から駅まで徒歩4~5分。それを、松葉杖つきながら15分くらい掛けて。
自分が不自由* になって初めて、大変さがわかった。
・家の階段、特に下りるのが一苦労
・駅に上りのエスカレータしかないのは超不便
・エレベータは、なんでこんなに改札から遠いの?
・明らかに杖ついてんだからさ、見て見ぬフリしてないで席譲れよ
・歩道橋の手すりにベタベタ風俗のシールを貼るな
・ってか、歩道橋の手すり、雨降ってると滑りすぎ
・家の階段、特に下りるのが一苦労
今の家、3階建てマンションの3階なんだけど、エレベータ無いのよ。
足を怪我すると、大抵「上り」より「下り」が辛いんだよね。
かみさんは下まで来てくれると言ったけど、1人で降りてみた。
ショルダーバッグ掛けて、松葉杖持って、1段1段降りる。
疲れるってより、ゴッグ並みのトロさにいらだってくる。
・駅に登りのエスカレータしかないのは超不便
上りはどこの駅も大抵エスカレータがあるよね。
けど、下りは階段だけの駅ってかなり多い。
普段はあまり気に留めなかったけど、これ、けっこう辛いよ。
・エレベータは、なんでこんなに改札から遠いの?
早くも汗かきながら改札を通ると、エレベータはホームの端っこ。
地上からホームの端に下りて、真ん中の改札まで行って、また端っこまで行かなきゃ。

アホかっ! もっと考えてエレベータを設置しろ!!!
改札近くの階段を、ヨチヨチと下りましたよ、おいらは。
・明らかに杖ついてんだからさ、見て見ぬフリしてないで席譲れよ
予定の時刻を大幅に遅れちまって、おかげで電車は空いていた。
でね、別に狙って乗ったわけじゃなく、いつも乗るとこは優先席の脇のドアなのよ。
つまり、車両の端っこのドア。
ま、別に座ろうとは全然思ってなかったんだけどね。立ってるだけなら痛くないし。
けど、誰一人席を譲ろうとしない。明らかに起きていて、おいらが杖ついてるのを知ってて、
右足は包帯巻いてサポータつけているのを理解していながら、譲ろうとするそぶりさえしない。
もし「どうぞ」って言われても、「ありがとです。でも、これも筋トレなんで大丈夫」って
丁寧にお礼を言おうと思ってたんだけど、これが日本の現状。
てめえらの血は、何色だー!
あ? ガラ悪いし人相悪いからだって? …うーん、一理あるな。。。orz
・歩道橋の手すりにベタベタ風俗のシールを貼るな
そしてようやく会社の最寄駅に到着。上るのはエスカレータがあるから楽チン。
改札通って、地下道歩いて、地上に出て、さあ、歩道橋で車道の向こう側へ。。。
横断歩道無いんだよな、ココ。ふぅ~。
仕方なく歩道橋を上るんだけど、よく風俗とか金融とかのビラが貼ってあるじゃん。
今は貼ってないんだけど、アレの跡がベタベタして気持ち悪い。カンベン。
・ってか、歩道橋の手すり、雨降ってると滑りすぎ
なんとか無事上って、会社まであと一息! あとは階段下りるだけ!

ここでワナがありました。マジで死ぬかと思った。
手すりつかみながら下りるわけなんだけど、雨に濡れて滑りやんの。
とっさに左足だけでピョンって跳ねて、2段下に無事着地。
おいおい、運動神経いいんじゃないのぉ?(自画自賛
でもさ、たまたま平気だったけど、
手すりにほとんど全体重乗せて下りるのにそれが滑るんじゃ…。
年配の人だったら、そのまま滑って、下まで転がり落ちて、打ち所によっては。。。

ってことで、朝から汗と雨でいい感じに湿りながら会社に着きました。
前にも足首の骨をやっちまったことがあったけど、
ここまで松葉杖に頼りっきりは初めて。そう、初めてその辛さ、大変さを体で理解した。
足は鍛えてるつもりだけど、左足1本ってやっぱり辛いね。
この前ふくらはぎを計ったら、たしか右が35cmで左が38cmとかだったんだっけな?
ますます差が開いちゃうから、次は左足を怪我しないとね(違
*「不自由」って表現の良し悪しは置いておいて、わかりやすい表現としての「不自由」ね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。