ほこたて 11歳vs55歳の対決!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほこたて」見てる?
私もかみさんもけっこう好きで、気づいたときはいつも見てる。
「絶対に穴の開かない金属 vs どんな金属にも穴を開けられるドリル」とかさ、
それぞれのエンジニアの意地というかプライドというか、
両方勝ってほしいけど、どっちにも負けて欲しくないというかさ。。
おぉ、これこそ”矛盾”!!
笑ったところでは、やっぱ「京急職員 vs 京急マニア」かな。
もうなんていうか、マニアの方々がいかにも”マニア”な雰囲気でいらっしゃって。
熱くなったところではもう1つ。
「どんなものでも破壊する鉄球 vs 絶対に破壊されない壁」は気合入った。
私事ですが、なんか壁のスタッフが「フンッ! 無理無理。」と見下した感じでさ。
何が何でもブッ壊せ! と、鉄球が壁にダメージを与えるごとかみさんとはしゃいでいた。
鉄球が壁をブチ抜いた時には、思わずガッツポーズ! さすが破壊の鉄球!

昨晩、また熱くなる企画だった。
「11歳のアスリートチーム vs 55歳のアスリートチーム」ってヤツ。水泳で勝負。
もう”ほこたて”という趣旨から外れてるけどさ、こういう体力勝負モノって萌える…
否、燃えるじゃんか。
なんでも、11歳と55歳ってのは体力的に同等らしいね。ソースは知らんが。
11歳というと小学5年生? 39の私だが、短距離走ならまだまだガキには負けんっ!
そんな気持ちを55歳に投影し、おっさん軍団を応援してた。
なかなか「ウホッ! いい身体!」なおっさんたちだったしね。
200mの競泳リレーでの勝負だったんだけど、第一泳者の背泳ぎでの差が痛すぎた。
その後の平泳ぎ、バタフライ、自由形で徐々に頑張り差を詰めるものの、
最終的には11歳がその優位を守りきり、2秒ほどの差をつけての勝利となりました。


ぐぬぬ。。 若者には勝てないのか…?
私がムキになって弁明、フォロー、言い訳するのもおかしいが、
あの小学生たちはオリンピック候補のアスリートの卵なんでしょ?
しかも、本番前にリハなのかなんなのか、すでに1度競争しているし。
1度泳いだ後の、年寄りの回復の遅さをナメんなよっ!
まあでも、こういう”真剣勝負”って面白いよね。
年齢による衰えは当然だけど、ずっと運動は続けていきたいと思っている。
来年40では特命係長、60では村田兆治、80では三島平八のようなパフォーマンスを目指し、
子供や孫に「じいちゃんすげえなあ」と言わせるのが今の夢かな(笑
また同じような企画を期待しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 用務員 より:

    SECRET: 1
    PASS: 1cbbf47a672901af5b938f751c78bb41

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。