永遠に残す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロザリアちゃん知ってる? ロザリア・ロンバルドちゃん。
http://www.nazoo.org/phenomena/rosalia.htm
彼女は1920年に2歳で亡くなった。
けど、今なお眠ったような姿のまま”保存”されている。
上記URLの写真は、蝋細工とかではなく全く本人のご遺体。
なぜ80年以上もの間を遺体がこんなにきれいに保たれているのか謎だったが、
その謎がついに解けたらしい。
・“眠れる美少女”の謎が明らかに
 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009012701&expand
この技術が確立され、もし、、、
いや、やめよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. haku より:

    SECRET: 0
    PASS: 3e460fb132afa11acc1f1a28e12d03a7
    技術が確立されたとしても、使いません。
    永遠に「残されてしまう」から。
    残されてしまったら、誰も手をつけられません。
    周りの人がいなくなってもずっとそのままです。
    悲しくても私は送り出してあげたい。
    そう思います。

  2. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    くだらなく後ろ向きな愚痴に付き合ってくださり、ありがとうございます。
    なんでこんな縁起でもない事を書いてるんだか自分でもわかりませんが、
    もしそんなことになったら、自分は受け入れられない気がして。。
    そして、このままをいつまでも保っていたくて。
    そうしたらいつか、ただ寝ていたのが朝起きてきたように
    「ぱぱー!」と笑顔で走って来るんじゃないかと。
    でもそれは、hakuさんの言うよう親の身勝手ですね。
    自分の勝手で束縛してしまう。
    何を考えているんだかね。。

  3. haku より:

    SECRET: 0
    PASS: 3e460fb132afa11acc1f1a28e12d03a7
    >何を考えているんだかね。。
    まぁ、その時の気分・感情によってそういう方向へばかり思考が行ってしまうことがありますからね。
    状況が変われば、気持ちもまた違った方向へと向かうでしょう。
    気にしすぎてもいいことないですし、あんまり悩みすぎるとハゲるよ。
    若々しいパパでいてあげましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。