一緒にいるということ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は帰りがちょっと遅くなったんだけど、
かみさんはいつものように笑顔で「おかえり」と言ってくれた。
ついでに珠希も笑顔で「パパーおかえりー!」だと。よしよし。
もうね、全ての疲れが吹き飛ぶ瞬間。
朝起きるのは5:45くらい。始業より1時間早く着くけど、電車空いているからさ。
かみさんは毎日起きて朝飯を作ってくれる。
チビ2匹に囲まれて、ロクに寝られていないのにね。ありがとう。

昨晩寝ようと横になったが、1つの歌がグルグル回ってちょっと寝付けなかった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
何も言えなくて…夏

綺麗な指してたんだね 知らなかったよ
となりにいつもいたなんて 信じられないのさ
こんなに素敵なレディが俺 待っててくれたのに
「どんな悩みでも打ち明けて」そう言ってくれたのに
時がいつか 2人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
2人して生きることの 意味をあきらめずに
語り合うこと、努めることを 誓うつもりさ
「私にはスタートだったの あなたにはゴールでも」
涙浮かべた 君の瞳に
何も言えなくて まだ愛してたから…
もう2度と会わない方が いいと言われた日
やっと解った事があるんだ 気づくのが遅いけど
世界中の悩みひとりで 背負ってたあの頃
俺の背中と話す君は 俺よりつらかったのさ
時がいつか 2人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
水のように 空気のように 意味を忘れずに
あたりまえの 愛などないと 心に刻もう
短い夏の終わりを告げる 波の音しか聞こえない
もうこれ以上 苦しめないよ
背中にそっと 「さよなら……」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
結婚したこと、夫婦でいること、子供がいること…。
どういうことなのか、うまく表現することができないけどね。。
いつもいる人、いつもしてくれること、いつも話しかけてくれること、、
最初はありがたく幸せに思うことでも、人間ってダメな生き物でさ、
やがてそれは”当然”であり、悪い意味での”空気”のように感じてしまう。
あって当然、してもらうのが当然、当たり前のなんでもない事。。。
朝起きれば食べ物があるのが当然。
夜帰れば食べ物があるのが当然。
部屋がきれいに掃除されているのも、着る物がきれいに洗濯されているのも、
冷蔵庫に飲み物があるのも、トイレットペーパーがあるのも、その他全てのことが当然。
別に夫婦間に限らず相手への感謝の気持ち、尊重、思いやる気持ちや愛する気持ち、
そういうのが薄れて傲慢になることが1番恐ろしく感じる。
中学生あたりで、誰もが1度くらいは強がったと思うんだ。
「親なんかいなくたって、別に平気だ!」とかってね。
そして暴言を吐き、心配と迷惑を掛け、それを幾度となく繰り返す。
まあこんなのは、若さから来る相手への意識の欠如に過ぎないけど。
でも”いい年”になってからでも、ふと気を抜くとそういう考えが忍び寄って来る。
人間って、そんなものなんだと思うんだよね。脆弱な存在。
そして、その自分の傲慢さに気づかず、相手を思う気持ちを取り戻せず…
そうなったとき、その関係は終わるんだと思う。修復できないほどに。
“空気”ってのは”ある”のが当たり前で普段意識すらしないのと同時に、
それが無ければ誰も生きていけない。
そこをわからないと、自分も相手も不幸にするだけなんだろうね。
まだ壊れていないのなら、今すぐにでもそれを修復すべき。
壊れかけていても、自分の気持ちと態度次第で直ることだって大いにある。
けどね、もし本当に壊れたら、なにをどうやったって直らないんだよね。
だけど同時に、壊れないうちに直すことができるのも人間だと信じている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。