「Last Chiristmas」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと、ワムの「Last Chiristmas」が頭を回り始めた。
しかも、なんか気になっちゃってずっと回っている。7200rpm(謎
何でまたこの時期に!(笑
きっとぶうさんが
> 文末に時折、自分が聴いてきた音楽をご紹介していきたいと思います。
なんて書くからなのねん!!
で、少しでも音楽やっているとわかると思うけど、
C -> Am -> Dm -> G7
の循環コードの単純な曲なんだよね、この「Last Chiristmas」って。
別に悪い意味での単純ではなく、シンプルで聞きやすく、心地よい和音の流れって意味。
この曲を知ったのは中学くらいだったかなぁ?
まだ英語なんてチンプンカンプンで、
 ・らすとくりすます? 最後のクリスマス?
 ・きっとハッピーな曲なんだろうな?
なんて思ってた。
英語は嫌いじゃなかったから、辞書ひいて意味を調べたりしたなぁ。。。
「Last Chiristmas」の歌詞
http://f56.aaa.livedoor.jp/~aosiro/lyrics/wham_last_christmas.html
なんていうか、切ない曲なんだよね。
(Happy Christmas)
I wrapped it up and sent it
With a note saying “I love you”
I meant it
Now I know what a fool I’ve been
だもん。
A face on a lover with a fire in his heart
A man under cover but you tore me apart
だもん。

あ、
A face on a lover with a fire in his heart
A man under cover but you tore me apart
って、うまく韻を踏んでいて上手だよね。
wikiを見ると、この曲って1984年のもの?
もう25年近く昔の歌だというのに未だによく聴くし、こういうのが名曲なんだろうね。
だっておいらだって、ほとんどの歌詞を覚えているくらいだもん。
あー、なんかちゃんと聴きたくなってきた!
帰ったらCDかけまくろう。エンドレスにして!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぶう より:

    SECRET: 0
    PASS: 1cbbf47a672901af5b938f751c78bb41
    Fが押さえられないおいらが来ましたよっと。
    ワム!ですかあ・・・。確かにあのバッキングの「タンタタ、タンタタ」って言うリズムは、頭の中を回りますよね。
    いやあなんか社会人に成りたての頃、上京して週末の楽しみだった「Best Hit USA」を思い出しまする。
    *当時は、マドンナ、スティービーワンダー、シンディーローパー・・・etcと華やいでいました。
    オイラは、デニスデヤングの「Desert Moon」 がお気にでした。
    コードについては、へそ曲がりのオイラは循環コード脱腸・・・いや脱調派なのでころころと変わる曲が好きです。例えば・・・aikoとか。彼女は天才だと思う。
    でも、循環コードってバンドやっている人にとって「あ、こんな感じで」ってセッションぽくやる時に凄く大切ですよね。
    ・・・と取り止めの無い話をしましたがタイトル見て真っ先に閃いたのが
    「にいさん、もう今からたまちゃん&たまこちゃんへのクリスマスプレゼント考えてるのかあ・・・」
    ・・・なんてな(和久さん風)

  2. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > Fが押さえられないおいらが来ましたよっと。
    あれは"握力"ではなく"コツ"なので、がむばれがむばれ!
    人差し指の、「親指側の側面で押さえる」ようなイメージだと、音がビビりにくいです。
    > *当時は、マドンナ、スティービーワンダー、シンディーローパー・・・etc
    おー、シンディーローパーいいですね。やっぱグーニーズが頭に浮かぶ。。。
    http://jp.youtube.com/watch?v=4itnGbeB39U
    で、別に10ヶ月も先のクリスマスのことなんぞ考えていませんです。
    今日の晩飯は何を食うか? 先のことと言えば、この程度で精一杯…(涙

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。