信じる? 信じない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疑似科学ってあるじゃん。
ゲルマニウムブレスレットだとかマイナスイオンだとか。。。
「良い」とは言われているけど根拠が無く、科学的にも実証されていないもの。
・「マイナスイオンは身体に良い」「クラスターが小さい水はおいしい」…
 疑似科学にだまされやすい日本人
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1084091.html
確かに、エアコンも加湿器もドライヤーも、こぞって”マイナスイオン”だもんねぇ。
各メディアでも、さも”身体に良い”と思わせる広告で、こりゃ騙される(笑

おいら、頭が固いのが幸いして、こういうのってけっこう騙されないほうだと思う。。
催眠術セミナーみたいの行った時(行くなよ!)も、1人でシラフで冷めてたし、
アムウェイのセミナーでも冷静だったし、他のネズミちっくなセミナーでも冷めてた。
いや、変なのに顔出すのって面白いから行ったりするんだけど、
なんか数値的な根拠とか、理論的な根拠に乏しいのばっかりで楽しいんだよね。
「ふ~ん。こんなのに騙される人が多いのかぁ。。。」ってさ。
1番最初にこういう”騙し”に関して感銘を受けたのは、こんな実験の本。
・ここに、薄いレモンの香りを閉じ込めた容器があります
・その容器を中心に、人の輪になってる
・今から容器を開けるから、その臭いがした人は手を挙げてくださーい!
ってヤツ。
蓋を開けると、薄いレモンのいい匂いが広がっていき、
その容器に近い人から序々に手を挙げていく人が現れる。。。
そう、実はその容器はただの容器で、別にレモンの香りの物など入っちゃいない。
なのに、事前の説明や他の人が手を挙げることにより、
「あ、自分にも匂いがしてきた!」って思っちゃうんだよね、人間って。
あと、なんだっけ?
水に「ありがとう」とか言うと、結晶がきれいになるとかおいしくなるとか。
水って日本人だったのかよ? 小学生じゃないんだからさ。。
血液型での性格判断もあるね。あれ、ウザいから個人的には嫌い。
ま、ビミョーな空気の際に、それを回避する話題としてはいいかもしれないけど。
とりあえず初対面で血液型を聞いてくる人とは、とてもじゃないが親しい友人にはなれない。
まあ、「ゲルマニウムなんちゃら」「マイナスイオンなんちゃら」「酸素水なんちゃら」なら
まだ「ズルい商売だな」で済むし、”現時点で実証されていないだけ”で
1年後には明らかな数値として実証される可能性が「無きにしも非ず」だからいいけど。
でもこれが、変なカルト宗教とか悪徳商法に使われるとねぇ。。。
流されないで、自分で考え自分で判断する力が必要なんだと思う。
だーいぶ前、風呂のお湯を何ヶ月も代えない宗教(?)をテレビでやってたのを覚えている。
ペーハー(pH)がどうだかこうだかで、もう真っ黒でヌルヌルしてるお湯なのに
それでもそれを捨てないで入るんだって。
もう、皮脂やら雑菌やら微生物の腐敗液って感じなのにさ。。
かみさんと見てて、「おえぇぇぇ。。きめぇなこいつら。」と思ったよ。
ペーハーなんか関係無いから(笑 調べたら大腸菌いっぱいだったから(笑
あと、コレもテレビだけど、血液がサラサラになるブレスレットがウン十万とかさ。

確かに一般人には、その情報が正確かどうかを判断する方法が無いからね。。
おいらだって、ほぼ盲目的に
 -添加物は良くない
 -中国産は危ない
 -当たらなければどうということはない
とか思っているし。
ん? なんか最後のは違うな。
Wikiで「疑似科学」って見たら、いっぱいあるじゃん。見てみ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:疑似科学
これらを信じるかどうかも自分の判断だけど。
そして、「Wiki」だって100%信用できるわけじゃあないけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。