安全な自転車

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バスに乗って出勤。
ウチ、ほとんど始発なようなもんだから座れるの。
– 最寄り駅についてからの電車は、押し合いへし合いの超ラッシュなんだけどね –
で、バスでは中ほどの右側の席に座り、のんびり窓の外を眺めていた。
朝だから、車道脇の狭い歩道を自転車がひっきりなしに行き来してる。。。

ふと、年配の女性の自転車が、思いっきり倒れた瞬間が視界の隅に見えた。
横にコテンってコケたんじゃなく、まるで前輪が突然ロックされて
前にもんどりうって倒れたような感じ。正確じゃないだろうが、そのように見えた。
「ハッ!」として後ろを振り返ったけど、おいらは走ってるバスに乗ってるわけだし、
もう小さくなっていく中で、誰かが駆け寄って助けようとしてるのだけが見えた。
とりあえず、おいらの後ろに座ってたオヤジ。
あんたを見たいわけじゃないから「なんですか?」みたいな顔でおいらを見るなよ(笑
で、
転ぶ直前に、同じく自転車に乗った学生とかなり近い距離ですれ違ってた気がするから、
もしかしてそれと接触し、例えばハンドルが真横向いちゃって倒れたのかも?
いや、もしかしたら勝手にバランスを崩したのかも?
歩道と車道の段差に前輪が取られ、それで転んでしまったのかも?
もう何が原因かわからないし、無事なのか骨折したのかもわからないけど、
なんか朝から心に引っかかる光景を見てしまった。。 大丈夫だったのかな…?
お年寄りがフラフラと自転車に乗ってるの、よく見かけるよね。
まあ、歩くより膝に掛かる負担も少なく、楽で早いから乗るんだろうけど。
でもこちらからしたら、見ててすごく心配なんだよね。
転んだ拍子に足や腰を骨折でもしたら、下手したらそれが原因で寝たきり。
でも、若い学生や頭の悪い大人は、そういう”想像力”が働かないから
全然気にしないで、すぐ脇を通り抜けたりすれ違ったり。。。
おいらのひいばあちゃんは1人暮らしでも達者だったのに、
病院で寝たきりになってからあっという間に衰え、ボケちゃって亡くなった。
年寄りの怪我って、些細なことが致命傷に成りうるんだよね。。
ってか、転倒した時点で頭を打って亡くなるケース自体もあるし。
転びにくく低重心の、高齢者用の3輪自転車とかあるじゃん。
でもあれ、普通の自転車よりも金額高いんだよね。
そういう自転車ほど、安くて手に入りやすく、普及されるべきだと思うんだけど。
「補助動力付きで上り坂も楽チン」ってコマーシャルもいいけど、
「転びにくく、もし転んでもサドルが低いから安全」ってのが増えるといいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大工 より:

    SECRET: 0
    PASS: 5d0672a8080af535beb70764854f00cc
    一箇所だけ反応
    >そういう自転車ほど、安くて手に入りやすく、普及されるべきだと思うんだけど。
    こういうのって保険の支給額とかと一緒で一定額以下での販売ができないのではないかと
    例えばおいらの商売で行くと手すりの取り付けがあるけど介護用と一般では請負額(介護用は決まった値段(mいくらって感じ)にしないといけなかったり・・・こういうとこで無駄なお金が消え・・・(以下自粛

  2. haku より:

    SECRET: 0
    PASS: 3e460fb132afa11acc1f1a28e12d03a7
    材料費、工程、需要等を考えると、コストがかかりそうですから、安価にというのは難しそうです。
    それはしかたないとして、介護保険やその他の補助金制度などで、購入費の〇%を出すというようなことにすれば、実質的に安く手に入れられるようになるでしょうね。
    そういうところにお金を使うようにすれば「動けなくなってしまうお年寄り」を減らし、医療費等々の軽減にも繋がるんではないかという気がするんですけど。
    今ある自転車を簡単に少しでも安全にする方法としては「補助輪」という手段もあると思うんですよ。
    子供用自転車などについている補助輪です。
    補助輪だけ売ってたような気がするんで、とりあえずの対策として、宣伝すればつける人があるかも、と思ったりする。

  3. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっぱり、単純に安価にはできないんでしょうが、
    何かしら"手に入りやすい"仕組みができればいいですね。
    お年寄りが怪我とかするの、やっぱり見てると辛いんですよね。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。