クズは一生クズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、あまりこういう内容とか書かないようにしてるんだけど、
なんかもう呆れかえるというかなんと言うか。。
2児放置死、一審懲役30年の母親控訴
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201203280083.html
大阪市西区のマンションで2010年、当時3歳と1歳の姉弟が放置されて餓死した事件で、
殺人罪に問われた母親の下村早苗被告(24)が27日、裁判員が審理して懲役30年
(求刑無期懲役)と判断した一審判決を不服として控訴した。
判決は被告が否認した殺意を認定したうえで、「母を待ち続け、命を絶たれた苦しみは
想像を絶する」として有期刑で最も重い刑を選択した。
当時書いた記事はこっち。
http://kimiope.blog59.fc2.com/blog-entry-1246.html
判決が言い渡されたときの痛いニュースはこっち。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1702224.html
水場に行くことすら許されず、飢えと乾き、暑さに苦しみ、
それが”唯一頼れるはず”で”無条件の愛情を注いでくれるはず”の母親の所業によるもの。
なんで3歳と1歳の子がこんな目に遭わないといけないの?
「極刑」でいいと思うし、そうあるべきだと思う。
日本という国は、母親の子殺しに対し総じて甘すぎる。
例えば「子供を殺して自分も死のうと思った」と”とりあえず”言っておけば
わけのわからない酌量が働くのか、ほんの数年ほどで刑期が済む。
酷いときには「我が子の命を絶たなければいけなかった母親は、被害者と言える」
などという理解を超えた解釈で減刑されたりね。正気の沙汰ではない。

なんでアレだけのことをしておいて、判決を不服として控訴とかできるのだか。
どれだけ面の皮が厚く、どれだけ反省しておらず、どれだけ子の命を軽視してるのか。
20歳そこそこのガキがポロポロ子供を生んで、
その命、その人権もまるで踏みにじり、絶望と苦しみの末に死に至らしめる。
稀に見る凶悪事件じゃないの、これは?
子供がいる人ならなおさら、子のいない人であってもどれだけ鬼畜かわかるでしょ。
弁護側は最終弁論で
「被告は幼いころに受けた育児放棄などが影響し、恐怖を無意識に避ける
特殊な心理状態にあって死ぬことに意識が働かなかった」と反論し、
殺意はなく、保護責任者遺棄致死罪にとどまると主張したんだよね。
「ドラえもん」もそうだったが、弁護の正義はどこにあるのだろう?
被告の生い立ちの不幸が、犠牲者にとって何か得になるのか?
被告の精神状態が、犠牲者の傷を癒す働きをするのか?
悪しき刑法第三十九条の
「心神喪失者の行為は、罰しない」
「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する」
もそうであるけれど、客観的状況から減刑する理由があるとしたら、
「運転中、予見できなかった突然の心臓発作で人身事故」等、
そういったケースに限ればいいと思うのですよ。
それ以外は、その”結果”に伴った刑にすれば良い。
加害者の人権は手厚く守られたまま、肝心な被害者、被害者の人権は蚊帳の外。
やられた側は、泣き寝入りかね?
「じゃあ、加害者を極刑にしたら被害者が甦るのか?」
人権派だかしらんが、そういう戯言は詭弁であることを頭を使って理解して欲しい。
なんだか、胸糞悪くて仕方ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。