食の安全

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その辺のニュースに関して。
なんか、週に1回は食べ物関係の悪いニュースがあるような気がしてくる。
不二家もそうだし赤福もそうだし、、 他にもなんかあったかな? もう忘れた。
あ、ローソンのおでんやマクドナルドでも、期限切れを使ってたらしいね。
<ローソン>期限切れの食材をおでんに 大阪市内の1店舗
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000032-mai-soci
<マクドナルド>不正…「未然防止には限界」社長認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000005-mai-soci
で、ちょっと違うとこでは、また中国産のものに有害物質ってのがあった。
中国製茶わんから有害物質=ホルムアルデヒド、6万個回収命令-大阪府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000004-jij-pol
なんかもう、この”中国”って国はどうにかならんのかね?
コレ↓を全て鵜呑みにするわけじゃないけど、ちょっと怖くね?


そして今、こんなニュースがトップに出ているのに気づいた。
<自主回収>和光堂のベビーフード5品目から大腸菌群検出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000029-mai-soci
「手作り応援」シリーズ5品目で、本来は検出されない大腸菌群が検出された。
この大腸菌群が食中毒を起こす恐れはなく、3日までに体調不良などの報告はないという。
「食中毒を起こす恐れはなく」ってのは不幸中の幸いだけど、
やっぱり口に入れるもの、特に小さい子のものには過剰に反応してしまう。
前の日記で書いたばかりだけど、小さい子は症状を正確に伝えられないから、
それが緊急を要するものなのかどうなのか、そういう面で難しいんだよね。
ちょっと前までは”中国産は排除”みたいな空気があったけど、
はっきり言って国産も信用できない世の中だと思う。
「中国産風邪薬でウン千人の子供が死亡」みたいなクリティカルな害じゃなくても、
でも本質は一緒なんだと思うよ。
利益のために、本来削ってはいけないことを削る。
そう、”良心”を削る。すなわち、”安全”が削られ、何も知らない消費者に届く。
「安全」って視点からはズレるかもだけど、こんなのもあった。
吉野家のバイトが店内で「テラ豚丼」を作りニコニコ動画にアップ→大炎上
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1062602.html
なんかもうね、呆れる。
例え安価な”豚丼”っていう食材であっても、”遊び”に使うことに反感を覚えるし、
さらにそれを、動画として公開する考えの無さに呆れてしまう。
なんか、”飽食”のせいなんだろうね。
今の日本は、普通に働いていれば食べるものに困ることは少ない。
嫌いな食材は捨てりゃあいいし、残った食材も捨てりゃあいい。だってすぐ買えるんだもん。
食べ物って、大事なんだけどね。
無いと生きていけないし、食べられることって幸せだし、素晴らしいことなんだけどね。
書くのもアホらしいくらい当たり前のことなんだけど、
でもそういう感覚が鈍く… いや、マヒしちゃってるから、こんな事件ばかりなんだろうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。