責任能力 その5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あれから、「累犯障害者」は、今でも電車の中で読み返したりしている。

1度罪を犯した障害者を、大したケアもなく”世に放つ”現在の司法や福祉の問題。
障害者の行き場の無い世の中。様々な機能の無機能っぷり。。。
よくわかんないんだよね。

そんな中、この判決。
・<2園児殺害>被告女性に心神耗弱認め無期懲役 大津地裁
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000029-mai-soci

これは知的障害じゃないけど。
「善悪の判断や行動を制御する能力を完全に失っていない。
 理不尽かつ身勝手で酌量の余地がない。」としておきながら、無期の判決。

画一的に「心神喪失か心神耗弱状態だった」として無罪または減軽を求める弁護は
果たして正しいのかね? 誰が得をするのかね? どんなメリットがあるのかね?

とにかくさ、何度も書くけど、被害者からしたら受けた傷は変わらない。
相手が健常だろうと異常だろうと、どんな精神状態だろうとなんだろうと、
被害を受けた側からすれば、失ったものは何をしても戻らない。
それは、加害者が無罪でも極刑でも同じ。

# 前に書いたことは、右の窓で「責任能力」で検索してみて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 2園児殺害 心神耗弱認め無期

    2園児殺害 心神耗弱認め無期など、滋賀幼稚園児殺害事件のニュースをいち早くチェック!

  2. しまむる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    結局、国家が守っているものは国民じゃなくて国家なんでしょうね。
    システム含めて。
    例えば警察の役割は治安を維持すること。
    国民を守ることが国にとっての治安維持に繋がれば守るし、
    逆に治安を脅かすことになれば守らない。
    司法は司法って面で同じことが与えられているだけ。それが精神的に正しいか正しくないかは、関係ない話。
    司法、警察に限らず、全てにおいて今も昔もそうですね。多分、未来もそうでしょう。
    となると、国に正義を求めても虚しいだけなので、やっぱり社会としてそれを守らないと行けないと思うんですけど、悲しいかな社会もそれらを「面倒くさいもの」として捉えるようになっちゃってますね。
    昔は「社会」の存在が色々な役割を果たしていたけど、それが薄くなった今は大変な努力をして意識的に社会を育てていこうとしないと維持できないと思うんですが、それを放棄した社会に残されたものは、国家システムという「ある一定の定規しか判断基準のないルール」だけ。
    それが現在の姿だと思います。
    自業自得だと言ってしまえばそれまでなんですけど、それでもやっぱり寂しいですね。

  3. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    結局は、自分の味方って自分の周りの家族だけなんだと思う。
    特に現在みたいに、国民みんなが自分が生きていくだけで精一杯だとね。。
    ん? おいら?
    おいらだって、自分の家族や肉親をケアするので精一杯。

  4. 大工 より:

    SECRET: 0
    PASS: 5d0672a8080af535beb70764854f00cc
    ここにぺタっ
    「朝の3時ごろまで、盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思う」 米兵による少女集団レイプで、広島県知事が発言→非難の声
    http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1045637.html
    なんで、こうも今の一般ピープル(死語?)はお偉いさんの言葉尻ばっかりとって非難すんのかなぁ。
    たすかに一番悪いのは米兵だけど、無防備に盛り場にいた未成年の被害者にも今回の事件一因はあると思う。それを知事は言わんとしてるわけだけど・・・。
    自分たちの権利を主張するけどいざ問題がおきると国や自治体を非難・・・なんか間違ってると思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。