靭帯のーびのび!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日(11日)の昼過ぎから左膝が痛くてさ、夕方には歩くのもままならなくなった。

地面に付いているときはいいけど、歩くために足を上げ、前に踏み出そうとする瞬間、
その地面から離れる瞬間に痛みが走る感じかな。。

小学校でサッカーやってたから、その頃から足の怪我なんてしょっちゅうで、
足首の靭帯を痛めただの、亀裂骨折だの、くじいたひねったとかいつものことだった。

けど、別にその日は無理な運動もしておらず、
フットサルも先週の火曜に軽くやっただけだったから、ちと心配になっていた。

だって、歩くだけで痛いんだもん。マジで。
その夜は湿布して寝て、翌朝も痛いようなら病院に行こうと思ってた。


で、翌朝(12日の朝)。

とっても痛いじゃん。痛みは少し薄らいだけど、やっぱ歩くのしんどいじゃん。
ってことで、最寄り駅の近くにある整形外科へ。。。

1人じゃ何もできないおいらは、かみさんと珠希にも付いてきてもらう。
ウソウソ。

どうも珠希が今朝からアレルギーのように痒がり、肌も赤くなってるので一緒に。
待つこと約1時間、やっとこさ診てもらいました。

おいら「昨日から膝がいたくて」
せんせ「横になってみてください」

まずは膝を目視、触診で腫れはないかチェック。
その後、おいらは脱力したまま先生が膝を抱えるように持ち上げ、前後に曲げてみる。

おー、コキコキ鳴る!

肩や首を回した時とかに鳴るような、軟骨がコキコキ言っているような感じ。
「これは靭帯伸びちゃってますねー」

次に、関節の動く方向とは90度直角に力を入れてみる。横に曲げる感じね。
O脚になるように曲げるのは痛くないが、X脚になるよう曲げると激痛! 痛ぇっての!!
「内側の靭帯にストレスかかってますねー」

要点だけ書くと、、、
 ・膝は前後に靭帯があるけど、それが伸びると膝関節が不安定になる
 ・で、左右を走る靭帯にも負担がかかってきている
 ・骨と骨の間の軟骨が少し炎症を起こしているかも
 ・膝に体重が掛かるような負担はダメ(スクワットとか)
 ・完全に治すのは外科手術になっちゃう
 ・痛みが治まったらフットサルOKだけど、無理せずサポーター等で固定したほうがいい
 ・無理してると、年を取ってから膝が痛くなる
などなど、なんだか散々脅される(涙

確かに左膝は、なんだかカクカクする感じがするときはあったんだけどね。。
階段を駆け下りているときなどに、カクン! って感じでさ。
けど、改めてけっこう”損傷”していることを知って、何気にショック。
かみさんはニヤニヤして「もうフットサルは禁止だねん!」とか追い討ち掛けてくるし。

左膝は、何かにつけて痛んだりしてたんだよね。
今回のように、何もして無いのに歩くのもしんどいような痛みは初めてだけど。
「いつまでも若くない」か…。膝用のサポーターでも、ちょっと探してみるかな。。

# 珠希はドライスキン(乾燥肌)とのことで、保湿剤をもらいました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. haku より:

    SECRET: 0
    PASS: 3e460fb132afa11acc1f1a28e12d03a7
    HAL
    http://www.cyberdyne.jp/robotsuithal/index.html
    好きでしょ、こういうの。
    小型化、低価格化が進んで身近になるといいですね。<いつになるやら

  2. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    好き好きー!
    もうこれ、ちゃんと実用化されたのかな?
    電気信号の誤検出とかで、意図しない動きとかしたらかなり危険だと思うんですけど、
    当然ながらそのあたりは配慮された仕組みなんでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。