ロックは捨てろ! 演歌は当たるとデカいぞ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平日の昼食ですが、私はかの高級そば処「富士そば」で済ますことがよくあります。
ワンコインの手軽さ、なかなか良いものです。

そんな富士そばさんですが、この店舗だけかチェーン店全てに該当するのか不明ですが
なかなか渋い(要はマイナーな)演歌がBGMとして流れています。

演歌、別に嫌いではないですね。
流行りの”何言ってるのかわからん曲”よりもはるかに聴きやすいですし、
基本、”メロディーラインがわかりやすい”曲が好きですし。
演歌独特のオリエンタルな音階も結構好きです。

上手くおばちゃん達の心を掴めば、次から次へと使い捨てのように変わる
ロックやポップス歌手よりも息が長そうですし。


こんな女のブルース

先日のこと、やはり変わらず聞いたことも無い、誰が歌っているのかもわからん
演歌が流れていました。いつもどおり、気にも留めなかったのですが、、

こんな 女にぃ~♪
こんな 女にぃ~♪

したのは 誰かしぃら~♪

なんとも耳に残るフレーズが聞こえてきました。

ちょうどサビだったようで、さらに繰り返し!
なんかツボッてしまい、そばを食っているどころではなくなってしまいました(笑)

・・・
忘れないよう、口ずさみながら帰宅(笑)!
着替えもせずに検索し、youtubeでの動画を発見しました。



コテコテの演歌調の曲調。
2番以降のサビ部分の、よくわからんギャグのような振り付け。
出演されている方々の謎具合。全てがアヤシゲでとっても素敵です。ホントに。

佳山 明生(かやま あきお)さん

歌手は「佳山明生」さん。
残念ながら存じ上げなかったのですが、調べてみたら
かの大ヒット曲『氷雨』を歌われていた方ではないですか!(驚)

そして、もっと驚いた(笑った?)のが、Wikipediaでの次の紹介文。

ごはん党で、毎朝必ず何があっても、妻が土鍋で炊いたごはんを1合食べる。
紅鮭は天然しか食べない、養殖は食べない。
甘えん坊で、布団に入ると赤ちゃんに返ってしまう。
金魚が大好きで、子供の頃から絶えず飼っている。

甘えん坊で、布団に入ると赤ちゃんに返ってしまう。
甘えん坊で、布団に入ると赤ちゃんに返ってしまう。
甘えん坊で、布団に入ると赤ちゃんに返ってしまう。

きっとこの方は良い方です。
何か機会がありましたら、ぜひ応援差しあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。