福ちゃん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たぶん、かなり長文になると思う。
福ちゃんとこに行ってきた。
大学の時のクラシックギター部の、技術指導の伊東福雄先生。「福ちゃん」ね。
“プロギタリスト”として食ってってる人なんだけど、
その人柄や、とっつきやすい性格、いい年してダメダメなギャグセンスで
おいらだけでなく、部員みんな慕ってる先生。

昔話。
大学へは高校からのエスカレータだったんだけど、
いつまでも前の仲間とつるんでいるのはイヤだった。
せっかく初めて会う人間がたくさんいるんだし、
“内輪”だけでいるのなんてもったいない話だし。
いわゆる”新入生歓迎期間”に昼飯を1人で喰ってた。
大抵の1年生は、入学式当日にどこかの部やサークルに声を掛けられ、
昼飯おごってもらいながら入部を勧められてたけど、
おいらガラ悪かったから、誰からも声を掛けられなかったんだ。
ウチの学校緑が多いんで、あちこちのベンチに同じように座ってメシ喰ってる、
“勧誘からあぶれたやつら”がたくさんいた。
そしたらね、そのベンチに座ってる1年生たちに声を掛けてる2人組がいた。
“あぶれたの狙い”な勧誘ね。
で、おいらんとこにも来た。
勧誘「1年生?」
おいら「ええ」
勧誘「サークルとか決めた?」
おいら「どこにするか考え中ですね」
勧誘「だったら1度、ウチおいでよ。テニスサークルなんだけど、可愛い子多いし、
   毎週飲み会やって楽しいし、○○大と合コンも…」
おいら「やかましい!

いや、「やかましい」とか言わなかったけど。
でも「体弱くてスポーツは無理なんです」とか適当に言って流した。
ウザくて軽くて、1番嫌いなタイプだったから、目も見ずに答えた記憶がある。
自分では、中学校の頃に膝を痛めて辞めたサッカー系か、
小さい時エレクトーンやってたし、高校ではバンドもやったから、
なにか音楽系でもやりたいな、、、 って思ってた。
今さらサッカー部にはとてもついていけないから、音楽系を探してたっけな。
確か社会心理学の授業のあとだった。
クラスのヤツと昼を喰おうって話になって、そこで部活・サークルの話になった。
A君「なあなあ、もう決めた? どこにするか。」
おいら「まだだよ。なんかマジメな音楽系がいいんだけどね。」
B君「ぼくギター部に入るけど、1度来てみる?」
そのB君は、今でもたまに連絡を取る同期仲間の1人。
B君は”カタイ”感じのヤツで、たぶん当時はおいらのこと嫌いだったろうし、
おいらも正直「こいつとうまくやっていけるんだろうか?」って思ってたけど(笑
あいつ、気難しいとこもあるけど、出会えて本当によかった。
学校名バレちゃうけど、部の名前は「ギターソサエティー」ってとこ。ダサダサだね。
ギターと言ってもジャズやフォーク、ロックではなく、クラシックギター。
スチール弦ではなくガットで、もちろん歌ったりもしない。
「禁じられた遊び」って曲知らない? あーゆー感じの曲よ。
ギター単体でメロディー、伴奏、ハーモニーを奏でる。小さなオーケストラ。
音量は小さいし、物理的に6和音までしか出せないし(6本しか弦が無いわけだから)、
かつ、どんな和音を出せるわけでもない。音域だって狭い。
けど、弾き手によって音色が全く違い、いろんな色づけができるのが気に入った。

あ、そういえば初めて部室に言った時、当時3年生の副部長と
おいら「ギターソサエティーってココですか?」
副部長「おう、初めてか? サッカーはできるか?」
おいら「は? サッカーならやってましたけど。」
副部長「よし、じゃあ入部だ。スパイク持ってるか?」
おいら「??? 今日は持ってないですけど、家にはありますよ。」
こんなやり取りしたな。
で、おいらの同期は十数人。最初はもっといたけど、GW明けくらいまでには確定した。
そこで1つ問題があった。
男はそのB君、おいらを含め7人だけど、4人がロックなりのギター経験者。
B君に至っては、ずっとクラシックギターやってた。
おいらと言えば、バンドではキーボードだったし、ギターなんて初めて。
部では年2回ホールを借りてコンサートをやってて、
1年は「1年合奏」として、1年生だけでギター合奏をやる。
2年以降は「合奏」と称して、2~4年+コントラバスを入れて合奏。
4年の最後には「卒業演奏」ってことで、4年生だけでの合奏。
それとは別に部内でオーディションを設け、独奏でも2重奏でもなんでも、
「コンサートに出て恥ずかしくないレベル」なら出られる仕組み。
 -同期の足手まといなんて冗談じゃない。1番になるんだ。
 -同期で1番多くの曲目でオーディションに通ってやるんだ。
誰にも言わなかったけど、そう思っていた。敵対するわけではなくてね。
で、授業の空き時間 …ってか、授業なんぞなにも出ずに部室で練習した。
おかげさまで1年から2年に上がれなかったけど。。。(笑
でもね、素人が素人の先輩に教わっていくら頑張った手、
ずっとやってるB君やその他経験者には追いつけないんだよね。
で、ふと思いついた。先生に習えばいいじゃん。
ウチの部に教えに来てくれる他に、別途金払ってレッスン受ければいいじゃん。

結局同期のギター経験者よりうまくなれなかったけどね。
けど、オーディション通った回数はおいらが1番だ。全部で5曲。
コレ、全部先生のおかげ。今さらだけど、福ちゃんありがとう。
おいらの結婚式の時、福ちゃんにも来てもらった。
おいらもかみさんも福ちゃん大好きだし、少しは立派になった自分を見てもらいたかった。
披露宴の最後には、かみさんと2人で「ラ・クンパルシータ」の重奏をした。
「先生に教わったギター、まだやってますよ」って伝えたかったんだ。
で、今日は珠希が産まれた報告をしに行った。
もっと早く行けばよかったんだけどね、ま、暖かくなってからがいいかな、、、 っと。
福ちゃん相変わらず元気で、人んちに子供勝手に抱っこして喜んでた。
福ちゃん「名前はなんだっけ?」
かみさん「珠希です。珠玉の”珠”に、希望の”希”です。」
福ちゃん「そぅかぁ~。たまきんたまきん、よしよしたまきん~♪」
おいら「”ん”はいらねえっちゅうの!」
先生元気でよかった。また飲みに行きたいな。
人の子を抱っこして上機嫌の福ちゃん。
さすがに扱いに慣れてるね。珠希は「誰コイツ?」って顔をしてたけど。
話は変わりますが、現在大型台風が日本へ接近中。
台風は依然勢力を強め、北北東へ時速35キロで北上中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あい より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんかいいなぁ~
    わたしゃ学生時代、バイト命でいいと思ってサークル入らなかったから、そんな恩師もいなければ青春の思い出もあんまないもの。
    大切にしてくださいね☆
    と偉そうにいってみる。。。
    にしても
    台風カワイイ・・・

  2. さとる より:

    SECRET: 0
    PASS: 5df11822f0d8544843605750fdcf00c3
    ネット検索してみたら、昭和39年から設立された名クラブっぽいですね!
    管理人さんの恩師の方が、とても嬉しそうに見えます。

  3. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >あい
    "思い出"は、今までの数を競うもんじゃなく、
    これからどれだけ作っていくかが大切なことさ。
    あと数ヶ月で、とってもとってもステキな思い出ができるじゃん。
    >さとりゅ
    はい、けっこう歴史ある部なんですよね。
    伝統に縛られるのはアレですけど、
    伝統があること自体は自慢しちゃっていいかな、、 とか思ったり。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。