Opera再び? 新ブラウザ「Vivaldi」公開!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私個人としては、Operaは12.xxで終わってしまっており興味を失っていたのですが。

新ブラウザ「Vivaldi」、テクニカルプレビュー公開–Opera元CEOが創設
http://japan.cnet.com/news/service/35059615/

Opera12は登場してから3年以上が経過しているが、およそ2000万人ものユーザーが
Opera12を依然使っている。
ブラウザに対するニーズがテックユーザーにはあり、
彼らはブラウザからさらに多くのものを得たいと思っている

Vivaldi

久々にちょっと興奮です。

Opera ブラウザとは?


「Opera」ブラウザをご存知ない方に簡単に解説。
Operaはノルウェー発の、IEともFirefoxともChromeとも無関係なブラウザ。
独自のレンダリングエンジンで”世界最速”を謳い、実際、驚くほど動作が鋭敏でした。

また「タブ」「マウスゼスチャー」「メールクライアントやRSSリーダーの統合」等、
世界初かはわからんですが、とにかく先進的で手にすると手放せないブラウザです。
かつ、標的にされやすいIEの脆弱性と無関係なことが多く、
安全性、堅牢さも満足のいくものでした。

・・・

Ver.15 以降、レンダリングエンジン変更はいいとして方向性が変わり、
(細かい詳細は割愛しますが)私個人はとても使用に耐えうるものではなくなりました。

今も私はVer.12.14を使っています。
Operaの東京オフィスに遊びに行ったり、スタッフと一緒にフットサルもした思い出も、
この時で止まって、既に色褪せ始めていました。。
君、Operaをつかいたまへ」も更新はかなり昔で止まっています。

てっちゃんが立ち上げ!

冒頭の CNET Japan の記事抜粋内の太字、もう一度ご覧になってください。
これが現実です。そしててっちゃんは、それを理解してくれています。

メチャクチャ期待してしまうのです!!

-先進的で便利な機能は、追ってヨソのブラウザに全部パクられる。
-Opera自体のシェアは上がらない。
-Googleの名前を冠したChromeなんてのも入り込んでくる。

Operaは不遇であったと思っています。
この”Vivaldi”も、単純に作り上げていくだけでは二の舞となるでしょう。
せいぜい、Opera12を手放せない固定ユーザを取り戻すだけですね。

しかし、そこには何かしら戦略があるのだと信じます。
絶対にこうならないはずなのです。(わかる人いるかな?)
大西洋横断失敗

皆さん、WebブラウザはIEやChromeだけじゃありません。
別に今は不満なく使っているかもしれませんが、さらに便利なものもあるんです。

携帯電話に似ていますね。
無い時代は無いで別に問題なかったですが、今となっては手放せない、そんな存在。

今から正式版リリースが楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。