ワンクリ詐欺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンクリック詐欺ね。知ってる?
もうだいぶ前からある詐欺で、アダルトサイトとかで
なんか1つクリックしたら、IPアドレスとかと共に入会金払えってヤツ。
ま、Webの仕事してる人にとっては笑っちゃう手口なんだけど、
そうでない普通の人なら、やっぱりビビッちゃうだろうから、
今さらながら手口を説明。皆のもの、感謝すれ。
※当然ながらエロ画像てんこ盛りなので、職場では気をつけてね
例)http://www.qq-o-pp.com/top.php
どれでもいいから、リンクにマウスを乗せます。(クリックはしない)
すると、ステータスバーに「javascript:disp()」って出るよね。
これは、「クリックしたら、dispって名前をつけたプログラムを動かせ」って意味。
dispってなんだ? それでは、[表示]>[ソース]を見てみましょう。
メモ帳とかが立ち上がって、このサイトのHTML(ソース)が表示されます。
↑にあるように、どのリンクをクリックしても
まずは「■□年齢認証とご確認□■」の小ウィンドウが出てきます。
もうこの時点で詐欺だな(笑
で、ソースをもうちょい見てみると、「das01.htmlを表示すれよ」って書いてます。
あっそ。じゃあそれを見てみるよ。
http://www.qq-o-pp.com/das01.html
(なんか不安になる画像が表示されるけど、ただのインチキ画像)
で、↑のdas01.html内には「1秒でdas02.htmlへ飛べよ」って書いてあるので、すぐに
http://www.qq-o-pp.com/das02.html
にページが切り替わると思います。
(同様に不安になる画像が表示されるけど、これもインチキ)
で、ココまで表示されると、最初のページでの記述の
「ok2.phpを表示すれよ」ってのが実行されます。
http://www.qq-o-pp.com/ok2.php
(またも不安になる画像が表示されるけど、当然インチキ)
で、この「ok2.php」には「ok.phpへ飛べよ」って記述があるので、
http://www.qq-o-pp.com/ok.php
に切り替わり、なんかIPがどうとかプロバイダがどうとかって表示と一緒に
44,000円を払えとかって言われちゃいます。
で、
ここに表示されてる全て項目は、インターネットでWebサイトを見るために
誰もが絶対に流している情報なので、別に気にすることありません。
例えばおいらがYahooを見るってことは、
1:おいらからYahooに、自分の住所と共に「サイトを見せろ」ってハガキを出す
2:Yahooがそのメッセージを受け取り、おいらの住所にページ情報を書いたハガキを返送する
ってことであって、住所も知らせずに「見せろ」ってハガキを送ったってダメなのよ。
もちろん個人を特定するものではないし、せいぜい地域がわかるくらい。
HP運営者なら、無料のアクセス解析を使えば誰だってわかるような情報。
それを逆手にとって、
 -Webに詳しくない人を、
 -それらしく”個人を特定したぞ”と脅しながら、
 -アダルトサイトを訪問したという後ろめたさで追い詰める
って手法なのだよ。

ということで、ムフフなページ閲覧にはご注意を。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。