ペンギン&パンダアップデートとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分用のメモを兼ねて。

【ペンギンアップデート】
「ペンギンアップデート」は、スパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに
著しく違反しているWebページに対し検索結果の順位を下げる働きをします。

・他のサイトのコンテンツをかき集めて、加工しただけの質が低いサイト
・検索者にとって意味のないリンク集サイト
・SEOだけを目的とした意味のないリンクネットワーク

具体的には、、
 -販売されているような質の低いリンク集
 -SEO目的だけで行われている過剰な相互リンク
 -誰でも登録できるようなSEOのために登録されるディレクトリ登録サイト
 -自動でリンクが増える仕組みのリンクプログラム
 -少数のドメインから同一のアンカーテキストでリンクされたサイト
など、”小手先で外部リンクを集めたようなサイト”が検索結果上位にこないよう、
その評価を下げられていると言えます。

ですので、有料の被リンクを購入しているサイトや相互リンクサービスに
登録しているサイトなどはターゲットとなっているでしょう。

また今回の「3.0」に関しては、サイト内におけるキーワード詰め込みに関しても
重要視しているようで、同じ語句を繰り返している(頻出しすぎている)ような
サイトに影響が出ているようです。

●過去のペンギンアップデート情報
1. 2012/4/24ペンギンアップデート1.0:
2. ペンギンアップデート 1.1 (間隔:約4週)
3. ペンギンアップデート 1.2 (間隔:約19週)
4. ペンギンアップデート 2.0 (間隔:約32週)
5. ペンギンアップデート 2.1 (間隔:約20週)
6. ペンギンアップデート 3.0 (間隔:約67週)
※ペンギンアップデート 1.0 は、英語環境では検索クエリの3%に影響が出ました
※ペンギンアップデート 2.0 は、全検索クエリのおよそ2.3%に影響を与えました

●ペンギンアップデートの対応・確認方法
ペンギンアップデートは、不正な被リンク対策を実施しているかのチェックです。
GoogleWEBマスターツールにペナルティの警告が来ていないか確認します。


【パンダアップデート】
「パンダアップデート」は、低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されないよう
サイト内部のコンテンツの質が評価、順位に影響されるアルゴリズムです。

主に、以下のようなウェブサイトが影響を受けると考えて下さい。
・独自性や専門性が低い
・広告の占める割合が多く独自コンテンツが乏しく割合が低い
・サイト内の他のページと共通する部分が大半
・外部サイトからのリンクを得られていない
・ソーシャルメディアで共有されていない
・他サイトと内容が重複している
・他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないサイト

つまり考慮される点は
 -サイトにオリジナル性があるか?
 -サイト内のバナーの量は適切か?
 -コンテンツは充実しているか?
ですので、調査や研究結果、詳細なレポート、オリジナル性のあるサイトの順位を
向上させる働きのあるアップデートです。

●過去のパンダアップデート情報
1. 2011/02/24 Panda 1.0(クエリの11.8%に影響。US国内の英語のみ)
2. 2011/04/11 Panda 2.0(クエリの2%に影響。英語圏で実施)
3. 2011/05/10 (アナウンスなし)
4. 2011/06/16 (アナウンスなし)
5. 2011/07/23 (アナウンスなし)
6. 2011/08/12 (クエリの6~9%に影響。英語圏以外の多くの言語)
7. 2011/09/28 (アナウンスなし)
8. 2011/10/19 Panda 3.0(クエリの2%に影響。遅れてアナウンス)
9. 2011/11/18 (クエリの1%以下に影響。)
10. 2012/01/18 (アナウンスなし)
11. 2012/02/27 (アナウンスなし)
12. 2012/03/23 (クエリの1.6%に影響。)
13. 2012/04/19 (アナウンスなし)
14. 2012/04/27 (アナウンスなし)
15. 2012/06/09 (クエリの1%に影響。遅れてアナウンス)
16. 2012/06/25 (クエリの1%に影響。)
17. 2012/06/24 (クエリの1%に影響。)
18. 2012/08/20 (クエリの1%に影響。遅れてアナウンス)
19. 2012/09/18 (クエリの0.7%以下の影響。)
20. 2012/09/27 (英語クエリの2.4%の影響。遅れてアナウンス)
21. 2012/11/05 (英語クエリの1.1%に影響。全世界で0.4%の影響)
22. 2012/11/21 (英語クエリの0.8%に影響。)
23. 2012/12/21 (英語クエリの1.3%に影響。)
24. 2013/01/22 (英語クエリの1.2%に影響。)
25. 2013/03/15 
26. 2014/05/20 Panda 4.0(英語クエリの7.5%に影響)
27. 2014/09/25 Panda 4.1(3~5%のクエリに影響)

●パンダアップデートの対応・確認方法
検索キーワードに沿った内容を、適切な文字量でしっかりと説明しましょう。
広告の数が多い場合(アフィリエイト目的など)、できる限り関係ない広告は抑え、
内容に沿った適切なリンクを紹介するよう心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。