大きな岩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

拾い物だけど、こんなの見つけた。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ある大学でこんな授業があったという。
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。
彼は学生に最後の質問を投げかける。「僕が何を言いたいのかわかるだろうか?」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり、
自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を
満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、
その結果それ自体失うだろう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
なんか、ちょっといい話だなと思った。
“いい話”っていうか、いい例えというか、生きていくうえでの1つの道しるべというか…。
おいらの壷は、もう半分くらいは埋まってしまっているだろうか?
小さな砂利、砂がほとんどな気もするし、それはもう戻すことはできない。
けどまあ、あとどんだけ空いているかわからんけど、まだ満杯じゃないと思うんだ。
「大きな岩から」だね。了解。
さて問題は、おいらにとって「大きな岩」とは、果たして何なのかだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nono より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とても素晴らしい授業ですね。。。
    私も考えちゃった。
    砂ばかり入れちゃった。。。かも。
    同じ意味では無いですし関係も無いですが
    コップは中が空っぽだから何かの役に立つんだ
    と言ったようなコトバも思い出しました。
    老子のコトバを英語にそして日本語に訳した詩人の「老子の言葉」ですが。

  2. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > とても素晴らしい授業ですね。。。
    うん、いい話だよね。
    でも悲しいかな、こういう話の"意味"がわかるのって、人生半ばくらいになってからなんだよね。
    まだ学生のうち、本当に理解していたらまた違ってくるんだけど。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。