リバーシで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長男珠ちゃん6歳。リバーシ(オセロ)が大好き。
たぶん最初は、暇つぶしでかみさんの携帯ゲームで見つけたのがきっかけ。
いつの間にかルールを理解し、初心者レベルならほぼ毎回勝てるようになり、
それなら、、 と、ちゃんとしたゲーム盤を買った。
それからというもの、毎日のように自分で駒(って言うの?)を並べ、
1人で敵味方役を演じながら遊んでいた。
将棋のように”先読み”が必要な遊びって脳の発育にもいいだろうしね。
最初は取り忘れ(ひっくり返し忘れ)があったり、
角っこの重要性をあまり理解していなかったりだけど、
かみさんの指導のもとにルールも完全に把握し、角の重要性も理解し、
携帯ゲームの普通レベルにも勝てるようになってきた。

先月あたりにかみさんと珠希で対戦したところ、なんと珠希が勝ったらしいのよね。
「本気出してないもん!」とかみさんは言い訳に必死だったけど。
その後も、かみさんのお母さんお父さんと連覇。
リベンジのかみさんとの再戦も華麗に勝ち抜き、かみさんは「キーッ!」と悔しがってた。
マジでやって負けたから、相当悔しかったみたい(笑
「珠希、今度パパとやってごらん」「うん、いーよー。」
かみさんがけし掛けるもんだから、珠希もやる気に。
(俺だって小さいときは結構オセロにはまったりしてたんだから)と思いつつも、
攻略サイトを探すために「平日は疲れてるから土日にでもな」と時間稼ぎ(笑
どんな戦いでも、勝つにはマリーシア(ずる賢さ)が必要なんですよ。
そして決戦の日。
「パパはラスボスだからすげえ強いんだぞ。レベル99だぞ。」
「えー、パパつよいのー!?」
なんて言いながら、まあとりあえず少し手加減しながらスタート。
どこで学んだんだか、着実に地盤を固めていく珠希。
ヤバい! ナメ過ぎてた!
置ける箇所が限られていき、一手間違うと角を取られそう。真顔の真剣モードに変更。
徐々に挽回していき、角を3つ制覇。
取った数も7:3くらいで私が勝ち、一応”父親としてのメンツ”は保った感じ。
珠希は負けたのが悔しかったみたいで、咳き込むふりをしながら涙ぐんでやんの。
いいね、その「悔しい!」と思う気持ち。
その気持ちがどんどん人を強くしていく一助になるものだと思う。
いやでもね、ホント結構考えて置いてくるんだよね。小学校入りたてのたかが6歳児がさ。
「ここ取ったら、パパが次にここ取っちゃうでしょー。。。」
とか、ブツブツ言いながら考えてるの。びっくりした。
「珠希、負けちゃったけど強いな。また今度やろうな。」
「うん。」
次はホントに負けちゃうかもな。でも、その負ける日が来るのが心から楽しみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。