親愛なる子供たちへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かみさんからメールが来た。
「時間あったら、これ読んでみてお。
 テレビでやってたんだけど、きっと心に響くと思うお。
 http://www.teichiku.co.jp/artist/higuchi/disco/cg17_lyric.html

見た。
私は介護の現場に立ち会ったことは無い。身内で介護が必要な家族もいない。
唯一、私の曾祖母(ひいばあちゃん)が幼い頃の記憶としてわずかに残っている。
自分言うのもなんだけど、幸い私も妻もこの歌の心を
“子供の立場”から理解し持ち合わせていると思う。
そしてその心を、いつか自分の子供たちにも持ってほしいと思っている。
問題は、そんな年まで生きているかどうかだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 親愛なる子供たちへ

    #同じではあるが、タイトルはパクリではないぞぃ^^;
    #我が子に向けてであると同時にすべての方の心に届けと祈りを込めて
    多くを語る要はな…

  2. まどか より:

    SECRET: 0
    PASS: 7c3b7614284869850805b1f8b6a57fde
    人としての美しさを言葉という形で表されていて、そして心に響く歌ですね。
    きゃすばるさん、きゃすばるさんの奥さま、歌のご紹介をしてくださってありがとうございました。
    半年ほど前にご主人が脳卒中で倒れられて半身不随になられた奥さんのブログと出会いました。
    子どもさんは小学2年生の男の子。
    今ご家族3人で暮らされているのですが、ご主人が家族を思われるあまり「自分があの時亡くなっていれば、みんなが泣くのは1回ですんだ」と言われたことがあったのだそうです。
    それを読んですごく辛くなりました。
    傍で支えられている奥さんは、もっと辛い思いをされていると思います。
    子どもさんはご主人が倒れられたとき、枕元で「100%勇気」を泣きながら歌われていたそうです。
    涙が出ました。
    その奥さんが大切にされている言葉は「逆境に勝る敵はなし」なのだそうですが、辛い状況の中でも、幸せを感じることを忘れられず、人としてなんて強い方なのだろうって思います。
    嬉しいときでも辛いときでも「相手を思う」という気持ちの交換ができることってとても大切で、そしてとても美しいことだなって思いました。

  3. まどか より:

    SECRET: 0
    PASS: 7c3b7614284869850805b1f8b6a57fde
    何回もコメントしてすみません!
    歌詞だけを読んでその後、歌を聴くと何となくよさが減ってしまうときってあるのですが、今youtubeで歌を聴くと、本当に心に響く歌でした。

  4. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんてかね、ものすごく納得できる詩というかなんていうか、
    ホント素直にその通りだと思い、胸が熱くなってくる詩だと思いました。
    自分が小さい時、なんでもないジュースをすぐこぼしたり、ご飯を落としたり、
    お漏らししたりお風呂を嫌がったり夜中に泣き叫んだり。。。
    そんな自分を親はいつも笑顔で見ていてくれたんですよね。
    あ、いや、たまには鬼の形相で見てたかもだけど。
    もちろんね、介護とかってきれいごとじゃ済まないことはわかっています。
    介護をする側のものすごい苦しみ、辛さ、先の見えない暗闇、そういうのあると思います。
    だけど、心のどこかでこの詩の心を持ち合わせていたいな、、 と。
    トラックバックくださっていますが、NEeDSさんも書かれています。
    http://helloneeds.blog90.fc2.com/blog-entry-166.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。