冬の日の2009

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リメイク、カバーって大嫌い。
原曲を台無しどころか、侮辱し貶めているようなのばかり。
・本当にイヤだ
 http://kimiope.blog59.fc2.com/blog-entry-568.html
他にも、右の検索窓から「リメイク」「カバー」で探してもらえるとたくさん。
そんな中、ラジオでこんな曲が流れていた。
・冬の日の2009

うほ! classじゃん!!
もう見るからに「夏の日の1993」のリメイクですね。
前作はきれいなメロディーラインとは裏腹、なんとも失礼極まりない歌詞だったよね(笑
 -「(水着になったら)別人のプロポーション」とか
 -「普通の女と思っていた」とか
 -「服の上からは計れないね」とか
 -「僕には合わない人だと思った」とか
まさに、
> 「オメーみたいなスタイル悪い女は、俺様には不釣合いなんだよ。失せろ!」
> と、どうでもいい存在と思っていたわけだけど、水着姿を見て手の平返したように
> 「いや、ちと待て。お前いい体してんじゃん! ちょっと今夜どう? フヒヒ!」
っていうカラダ目的全開の歌だった。
と言うことで、今回も期待! 期待! 期待!!!
早速歌詞を探してみると。。。
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=73570
ふむふむ。。
あれから15年ほど、まだ付き合っている感じかね?
うまいことやりましたな、ダンナ!
で、すれ違いなどもあったようだけど彼女を愛している、彼女しかいないと再認識し、
誕生日の指輪とともに改めて2人でスタートしよう、、、 って感じ?
付き合った当初は邪な動機、欲望のままであった彼も、
15年経ち精神的にも大人になり、人として深い意味で彼女を大切に思っているわけね。
うむ。成長したな!

まあそれは置いておいて。。。(笑
曲としてはいい曲なんじゃないかしら?
前作と違いサビから入らせることで、「前の続き」というニオイを含ませ、
中間部に新しいアレンジを埋め込んでいるけれど
基本的な曲構成に関しては前作を引き継いで、聴く側に安定感を持たせてる。
wikiを見てみるとメンバーが入れ替わっているようね。
年の流れによる声の変化かと思っていたけど。
まあ、元々どっちが誰なのか知らないから、この辺りにはあまり抵抗ないな(笑
久々に”前の曲をいじったリメイク曲”としては、いい曲だと思った。
(私がこんな偉そうなことを言える立場じゃないのは棚上げ)
あと、もう1曲「これはこれでいいかもね」と思ったのが、
EXCEL… じゃなくて、EXILEの「LAST CHRISTMAS」ってヤツ。
会社の子に「ずっと”エクセル”かと思ってた」と言ったら笑われたよ。。。
で、かの有名なWHAM!のカバーね。(若者はオリジナルを知らないかもね?)
原曲に対しては過去に熱い思いを書いてあるので、もし興味あったら見てみて。
・「Last Chiristmas」
 http://kimiope.blog59.fc2.com/blog-entry-680.html
で、歌詞のニュアンスは原曲とちょっと違う気もするけれど、
変に曲をいじっていない、その中で歌として自分たちの色を出しているのがいい。
あくまで原曲をベースにした上で、、、 って、元を尊重していていいし、
前述の「冬の日の2009」のように、元を知っている人には安心感があるし。
ただ、元のような韻を踏んだりの巧さは表現できていないみたいね。
個人的にはWHAM!のほうが圧倒的に好きだけど、
エクセルさんもこれはこれでいいかとは思う。
と、ウダウダ偉そうに書いてきたけど、なんにしても音楽っていいなと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。