イライラ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お断り:たぶん、同じような立場の人以外は見てもおもしろくないよ
サポート技術者をイライラさせる原因トップ10
1:現象を客観的に説明するのではなく、問題を自分で勝手に診断して、
 原因はそれしかないと言い張るユーザー
2:トラブルシューティングの最中にやたらと質問してくるうえに、
 こうしたらどうかと提案までしてくるユーザー
3:問題の原因となるようなことを行ったことを認めないユーザー
4:別の会社の技術サポートにユーザー扱いされること
5:購買要求書を変更してしまう購買部門
6:社内ジャンクメール
7:昼食時間にユーザーの自宅のパソコンの修理方法を教えるのは
 サポ―ト技術者の仕事の一部だと思っているユーザー
8:「時間がない」という理由でトレーニングにも参加せず、こちらが苦労して用意した
 ドキュメントを読みもしないで、新しいアプリケーションを使いこなせないと不満をいうユーザー
9:緊急に対処してもらいたいとユーザーのオフィスに呼びつけられたのに、待たされること
10:組織におけるIT部門の位置づけ
おいらは”サポートエンジニア”でも”テクニカルサポート”でもないけど、なんかわかる(笑
ま、1番困るのって「1」だよね。
トラブル対処の基本って「Repro(再現)させる」だから、
根拠の無い主観の意見なんか聞いてるのは時間の無駄で、
やったことの”手順”の”詳細”を”正確”に”言ってほしいのよね。
言ってほしいってか、それだけが必要な情報で、それ以上でもそれ以下でも困る。
逆に「7」なんかは、その人との”距離”の問題よね。
余裕あるときに、社内の人からプライベートのPCのトラブル対処の話されても
別にイヤだとか思わないし、対処手順まとめてプリントしてあげたりもしたし。
なんか、たまたま自分のナワバリのことで困って相談して来てくれたんなら、
その”相談してくれた”ことに応えるくらい、なんでもないもんねぇ。
「4」も、ビミョーどころ。
プロバイダのサポートとかに電話して、
 -モデムの電源は入っていますか?
 -LANケーブルはささってますか?
 -インターネットエクスプローラで、インターネット閲覧はできますか?(笑
とか聞かれてもねぇ。。。
いや、そりゃ向こうは「こいつがどの程度のスキルなのか」わかるすべも無いから、
変に専門用語は使えないし、難しいことも言えないのはわかるんだけどね。
こっちからしたら、各機器のリブートはもちろん、ルータ内のネットワークは生きてて
ルータから外に行けれないのが明白だから、サポートに電話してるのにね。
あー、サポートって言えば、年初にこんなことがあったな。
今思い出してもイライラ。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nono より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こ・こわかったデシ・・・(素直そうな女の子の絵)
    わ・わたしもこんな風に”困ったユーザちゃん"って感じでサポセンの人達にメーワクがられているに違いないと思いながらウンウン、うなずいてしまった。。。

  2. きゃるばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ホラー映画好きだし、猟奇的好きだし、赤好きだし、黒好きなんで、
    ふとこんなスキン(見た目)に替えてみました。
    でも、かみさんに不評でブーブー言ってるので、
    近々元に戻すんだ、、、っと。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。