老人が老人の命を奪わなければいけない国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんかもう、どうにも解決や改善できないことなのかな… とブルーになってくる。
“高齢化社会”と一言では片付けられない、今の社会の空虚さを感じてしまう。
・認知症の妻殺害した85歳夫に猶予刑 神戸地裁尼崎支部
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000921-san-soci
 認知症の妻の首を絞めて殺害したとして、橋本幸夫被告に対し
 懲役3年、執行猶予5年を言い渡した。
 犯行当時、被告は大腸がんの疑いがあると診断されたばかりで、
 警察の調べに「先に自分が死んだら、残される妻がふびんだと思った」と供述していた。
 裁判長は「被害者を1人で介護していこうという強い責任感が判断を誤らせた」と指摘し、
 「残忍で計画的な犯行で正当化される余地はないが、動機は理解できないものではない」
 と述べた。
 また「被害者の親族も被告人の献身的な介護に感謝し、
 寛大な処分を求める嘆願書を提出している」などとした。

以前にも似たような悲しい出来事があったよね。
認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
・「美しい国」
 http://kimiope.blog59.fc2.com/blog-entry-421.html
無論おいらは当事者や近い関係じゃないから、軽々しくモノは言えないけど。
でも、とても重荷である”介護”っていう問題を、1人で抱えてしまって行き詰る。
被告がどんな施設、親族、知人友人に、どれだけの相談や援助を求めたかは知らない。
手を尽くした上で選んだ道なのか、最初から1人で抱えてしまったのかわからない。
なんにしても、こんな悲しいことって無いと思うんだよね。。
たまにテレビでも、受給できる年金では家賃にしかならず、
道端の草を煮て食べている老人、病院にも行けない老人が映し出されている。
「経済的な格差」って、仕方ないと思う。金持ちがいれば貧乏人もいる。
暖かく広い家で、毎日食べきれないほどの贅沢料理を目の前にする人もいれば、
狭く隙間風で寒く、その日の晩飯にも苦労する人だっている。これは仕方ない。
けどね、老人が老人を殺すような社会ってどうなんだろうね。。
考えて悩んで苦しんで、それでも出てきた答えが
「愛する人を自分の手で殺すこと」が最善と思うような日本って、どうなんだろうね。。
すごく悲しい、イヤな気持ちで胸がつかえる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: a0b7479f7e3796181f3f1615df7ea062
    国は関係ないと思いますが

  2. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    国が関係あるとかって意味では無いですよ。
    「日本」という言葉に反応されたのであれば、
     -相対的に見た「日本」
    という意味ではなく
     -自分の住んでいる「日本」
    という視点での言葉であると言えばわかりやすいでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。