進化の頂点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然何を言い出すのかと思うかもだけど、精神状態は正常です(笑


生物の進化って、枝分かれをした樹状構造になっているんだよね。

動物としての進化の頂点は人間だと思うんだけど、
同じ頂点に君臨する生物に”昆虫”がいることって、あまり知られてないんじゃないかな?

そんな昆虫たちのマクロ写真があるので、ちと紹介。
もちろん虫アレルギーな人は見ないほうがいい。
http://www.flickr.com/photos/lordv/sets/590338/

http://www.pbase.com/mplonsky/insects
http://photo.net/photos/siwanowicz


いや、キモいよ。
どんなすごいホラー映画を見ながらでも、平気でメシを食べられるグロ耐性MAXなおいらでも
“足がいっぱいある系”とか”やけにテカッてる系”とか、キモいもんはキモいしイヤだ。
でもさ、なんていうか、最高の機能美だよね。


ん? 「お前のセンスがわからん。頭おかしいんじゃね?」って?

いやいや、例えばトンボとかさ、飛翔能力のある生物の最高傑作じゃん。
急発進急停止、静止もできる。飛びながら獲物を見つけられる複眼。獲物を逃がさない足。

カマキリの複眼や、”鎌状”に変化した前足だってそう。
バッタのジャンプ力や、危険時にはその足が簡単に取れ、本体を守る機能だってそう。
敵に見つかりにくい擬態や、精巧な罠を仕掛ける能力や、樹液を舐め取るブラシ状の口や、
身を守るために身体を丸くしたり、臭いを出したりする能力。。。
形、大きさ、色、機能全てに意味があり、それぞれ最大に効率化され何1つ無駄が無い。

そう考えると、すごいと思わない?

身体が小さいから人間に敵わないだけで、もしいろんな動物が同一スケールと仮定したら
全ての分野で昆虫が圧倒的に強いんだよね。話にならないくらいに圧倒的。
(ま、「同一スケール」と仮定すること自体がナンセンスで科学的根拠とかないわけだけど)

いや、ガキの頃はよく虫を捕まえたな、、 って思って。それだけ。

珠希もそのうち、外で虫を捕ってジャンジャンうちに持って帰ってくるんだろうな。
どんなに”頂点”でも、どんなに”機能美”があっても、キモいからやめるように言おうっと(笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。