親もいろいろと勉強しないとね…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の時、おいらはサッカー部だった。
いわゆる”根性”主体の練習で、真夏に子犬のように走り回ってた。

サッカーだから、当然のようにボールを胸でトラップし、
また相手との接触でも胸を強打することがあった。

・心臓しんとう 子供に多くの発症例 野球のボールを胸に受け不整脈、心停止
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000083-san-soci
 胸部に衝撃を受けることで不整脈を起こし、心停止に至る「心臓しんとう」。
 発育途上で、まだ胸の骨格が軟らかい子供が、野球のボールを胸に受けて
 発症する例が多く、手当てが遅れれば死に至る危険がある。


なんかね、この事故、ここ最近すごく目にするようになった。
少なくともおいらが子供の頃って無かった気がする。そんなことない?

もちろん、報道されなかっただけかもしれないし、
その頃の医学ではこの原因を追究、確定まで持っていけなかったからかもだけどさ。。

野球のように、球が小さく接触面積が小さい場合に起きるのかと思ったら、、
 -野球のボール/10件
 -ソフトボール/3件
 -サッカーボール/2件
とのこと。

小さいボールのほうが面積あたりの衝撃が大きいからかもしれないけど、
サッカーボールでも同様の事故が起きているらしいじゃんか。

しかも、
 > 骨が折れるような強さではなく、比較的軽い衝撃でも起こる。
 > けんかの仲裁で肘が当たって発症した例もあり、日常生活でも注意が必要。
とのこと。

ちょっとさ、無視できないリスクだよね。

珠希には、やっぱりサッカーはやらせたいと思っている。
サッカーに限らず野球でもバスケでもなんでもいいけど、スポーツはさせたい。
夢は、親子でフットサルなんだけどね…(笑

なんか、せっかくスポーツで楽しんでいるのに命を落とすなんて、辛すぎだよね。
こういうことには親自身がちゃんと考え、対策してやらないと… って思うんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なおP より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    AEDって機械が、学校に備わっています。公立はどうか知らないけど・・・。
    こういう状態になった時、いち早く、この機械を使って、「不整脈、心停止」を正常に復帰できればいいんですけどね、本当は。
    うちの、娘達の学校は、教師全員が訓練を受けてるって言ってました。ありとあらゆる場著にこれでもか!って置いてあります、このAEDって機械。っていうのは、心臓病のお嬢さんがいるので・・・。教師も必死なんですね。
    サッカーフットサルも「日本代表制度」があるので・・・。たまPの将来が楽しみです[絵文字:v-19]

  2. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うん、AEDの存在は知ってます。
    けど、当然ながら必ずしも学校で起きるわけじゃないし、
    誰もが操作した経験のあるものでもないし、その辺が心配ですね。。

  3. 大工 より:

    SECRET: 0
    PASS: 5d0672a8080af535beb70764854f00cc
    親ネタちゅうことでここにぺタッ
    勘違いヴァカ親 キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
    「運動会の旅費返せ」無理難題252件公表 大阪市教委
    http://www.asahi.com/national/update/1017/OSK200710170016.html より
    こっから
    校則を守るかどうかは生徒の自由。注意するな
    ここまで
    ルール守ることと自主性を混同してませんか?

  4. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「権利」と「わがまま」の差がわからないバカ親が多いみたいですね。
    ヴァカとかではなく、バカ。馬鹿と書くバカ。悪いけど、教育水準や親の顔を見てみたい。
    こういう親の元で育った子供がどうなるのか、目に見えてますね。
    子供は親を選べないんだから、だからこそ親が手本となるべきだと思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。