高校生クン、ごめんなさい。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと、ビックリの記事があった。

・「拳銃型ライター、駅員の注意で素直にしまっていた。巡査長はいきなり殴った」
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1027863.html


へ? そうなの? そうだったの?

当初の記事では、
> 高校生が電車内で回転式拳銃の形をしたライター(全長約36センチ)を乗客に向けて
> 遊んでいたため、降車後に注意しようと呼び止めたところ口論になったという。
って書いてあったよね? それが実際には、
> 髪の毛とカバンをいきなりつかんで「カバンの中のものを出せ」と迫って顔を殴った。
だって言うの?
全然違うじゃん。。。

これ、警官に同情の声が多数あったよね? おいらもその中の1人。
・高校生にもなって常識もわからないバカが
・拳銃型のライターを他人に向けているから
・警官が注意したのに口ごたえして口論
・平手打ち!
だと解釈していたから。ってか、そういう解釈が導かれるのが当然の記事だったと思う。

ニュースとかさ、そのまま鵜呑みにするのは危険なのは意識してるつもり。
けど、こんなことがあんななって報道されるとはね。。。
メディアってのは、書き方1つで「悪を善」「善を悪」にできるんだと再認識した。

何はともあれ、「バカ」扱いをした高校生に謝ります。ごめんなさい。。


で、今回の報道は、この言葉の通り信じていいんだよね???

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. T より:

    SECRET: 0
    PASS: 0962e1aed115aeec2ecc398ba3df40b9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070907-00000900-san-soci
    これなら、逮捕になるのも判ります。
    ・・・マスコミの報道って怖いですね。書き方である意味事実が歪曲されてしまう。
    確かに高校生はマズイ事をしたのだけれど、駅員に云われて、すぐに締まっている。
    なら・・・意味が違いますよね。
    その後友人との会話で談笑していたとしても、それは別で、行為自体は本人がまずかったと自覚していたなら(すくなくとも繰り返した訳ではない)。
    はぁー、誤解してました。
    高校生君、並びにその親御さん、ごめんなさい。

  2. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マスコミの操作なのか、神奈川県警の身内擁護による曲がった発表なのかわかりませんが、
    (なんとなく後者のような気がするけど…)
    とにかく"歪んだ情報"って怖いな、、 と再認識しました。
    思えは、不二家騒動の時のTBSのメチャクチャぶりなんかもありましたね。
    モンゴルでの朝青龍擁護も、単に「自国でサッカーしたから批判されてる」と、
    肝心の「本業の行事を仮病でサボッて」って部分が抜けている報道のせいだと
    なんかで書かれているのを見た覚えがあります。
    ま、それすらも本当なのか、真実はなんなのかわからないわけですけど。。

  3. NEeDS より:

    SECRET: 0
    PASS: c59f1efae05fb4f4624e52b4178b45fc
    >とにかく"歪んだ情報"って怖いな、、 と再認識しました。
    そうですね。
    私もこの件でエントリしようかと考えていたのですが、如何せん情報が不確かで、推敲中でした(切り口は「武のこころ」、取り敢えず保留に)。
    ともかくメディアには本質を見失わないことと、メッセージを込めて欲しいと思っています。
    #メッセージを込める意識持つことで取材質問内容が少しはマシになるのではと期待
    #「官」鵜呑み記事はいらん

  4. しまむる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    どうも腑に落ちない、何か別の要因があるはず、って書こうと思ってたら新たな側面が報道されました。
    どっちが本当なんでしょうね。それとも真実はまた違うところにあったりして。
    いずれにせよ今回の新展開ニュースにしても、インパクトを狙って「殴った警察が理不尽で高校生は悪くない」っていう描き方をより強調しているはずです。
    >電車の発車後、車内で高校生が友人と談笑しているのを見て「反省していない」と思い込んだ。
    どんな談笑だったのか?でまた読み手の印象は変わります。
    「バカじゃね?ライターごときでいちいちウゼえw」
    「ていうかあの車掌、ビビッてたっぽくね?w」
    なんて会話してても「談話」と言えますし。
    >高校生は「分かりました」と従い、ライターをカバンにしまった。
    いかにも大人しく素直にしまった、みたいな印象を受けるけど、どんな態度だったかはわからない。
    「ちょっとした悪ふざけ」「でも中身は素直な高校生」という印象を感じる書き方だけど、実はそんなことは一切書かれていない。これが怖いところです。
    威圧的に詰め寄るように車掌に近づき、「しまえばいいんだろ?あ?」的な態度だったとしても、
    ”高校生は「分かりました」と従い、ライターをカバンにしまった。”
    というのは事実。だけど真実ではない。
    大体、”西部劇のつもりで”ってのが意味不明。そんなことする高校生が今時いるのか?と思うんですな。
    もっと失礼な行動を「西部劇のつもり」という表現にしているのかもしれない。
    ホームにいたお年寄りに向けて「早く死ね」と言いながら撃つまねをした、のだとしても、”ホームに向けて撃つまねをした。”というのは事実。
    もちろん、無限大に考えられるケースの一つに過ぎないんですけど、別の言い方すればニュース記事の裏に想像できる真実は無限大にある、ということでしょう。
    文章から受ける印象そのものだったかもしれないけど、
    「ホームで拳銃ライターで遊んでいた高校生を飲酒警官が殴って逮捕された」
    という事実のみを捉える。
    これがニュースの読み方じゃないかとつくづく思うわけであります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。