バイト歴 その1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなく。別に今、副業でバイトしてるわけではない(笑

・高校時代
その頃は実家=目黒に住んでたんだけど、コンビニでバイトしてた。家からチャリで5分。
高1の夏休みだったかな? 募集のポスター貼っていたし、家から近いし、
セブンイレブンやファミマ等の大手チェーンじゃなく”緩そう”だったから。

その時の店長は、確か20代半ばくらいだったんだっけな?
人当たりのいい優しい感じで、他のバイトも接しやすい人ばかりですぐ溶け込んだ。


コンビニって、普通POSじゃん。バーコードで売れ筋 & 客層管理。
でもそこは手打ちで、個々の商品にラベラーで値札を貼り、それを見てのレジ打ちだった。
最初は当然値段がわからんので、1個1個を確認しながらのレジで遅かった。
結局そのバイトは大学を出るまでやってたんだけど、
1年も経つかどうかでほとんどの商品の金額を覚えちゃってた。

 -カゴに商品を入れて、レジに向かってくる人を確認!
 -見える範囲の商品を先にレジに打ちまくり!
 -レジにカゴを持ってきたら、それ以外の商品を打ちまくり!
 -もちろん、今で言う「タッチタイピング」!
 -レジにカゴを置いて、3秒くらいで「はい、○○円になります」!
 -客「えっ? ちゃんと打ったの???」

こんな感じ。4~5品程度なら、レジに来た瞬間に「はい、○○円になります」って気配。
コレ、もちろんおいらだけじゃなく、ほとんどのバイトがこんな感じだった。
たぶん、日本一レジが早い店だったんじゃねえかな…。マジで。

大学に入ると22時~3時とかの変則的なシフトもやるようになって、
発注の権限やレジの金額合わせ(なんていうんだっけ?)もやるようになり、
「店長うどん頼みすぎだよ。(置き場に)入らねえよ。」
「あり? レジの金が2万も合わねえ。もう1回数えよう。」
(業者の兄ちゃんと)「おはようございますー。最近売れないっすね。」
なんて感じで、なんだか楽しくやっていた。

常連さんなんかとも仲良くなって、店が空いている時には雑談したり、
酔っ払いが1万円でガム1つ買って「釣りはいらねえよ」って言われたり、
「東京ラブストーリー」のロケに使われ、おいらも映ったはずなのにカットされてたり、
嘉門達夫がカゴいっぱいにヘアジェルを買っていったり。。。

あ、嘉門さんはすげえジェントルな口調で「領収書をお願いします」って言ってた。

あとこれは、カミングアウトしちゃっていいんだかわからんけど、
夜勤の時に家からスーパーファミコンとテレビを持ってきて、
バイト仲間とストIIをやったな。音声は店の有線のスピーカにつないでさ。

コンビニなのに、スピーカから
「Round 1! Fight!!」
「はどーけん! はどーけん! しょーりゅーけん!!」
「そにぶー! そにぶー! そにぶー! そにぶー! そにぶー!」
「たいがー! たいがー! たぁいがーあぱかー!」
「ひょーーー! ひょーーー! ひょーーー!」
「よがっ! よがっ! よがふわぁいや!!」
「You Win!」
こんなのが大音量で掛かりまくり!

夜中は全然客が来ない店だったけど、常連さんが来て
「なにやってんの? ストII?」
「はい。一緒やります? 俺買ったらジュースおごってください。」
なんてやってたな。あとで店長にバレて怒られたけど。。

まあなんていうか、商品を盗んだりとかの”不正”はもちろん誰もやらなかったけど、
けっこうみんな、めちゃくちゃやってたなぁ。

バイト同士ではしょっちゅう飲みにいってたし、
店長の家に集まって「鉄拳(ゲーム)大会」を開いたり、海やスキーに行ったり。。。
今となってはいい思い出だけど、今さらながら反省。

実家に帰って店の前を通る時なんか、チラッと見て
「店長いねえのかな?」なんて思ってるんだけど、いないんだよね。

もちろん、あの頃一緒に働いていたヤツらはみんないい年だし、
連絡を取り合っているわけでもないから、今はなにやってんだか全然わからない。
ま、今さら突然会っても、互いに何から話せばいいのか戸惑っちゃうんだろうけど。

なんか思わず長くなったので、他のバイト歴はまた今度…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。