明日の記憶

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日(日曜)は珠希が早く寝たので、久々にかみさんと一緒にテレビを見た。

・明日の記憶
 広告会社の営業マンとして働く雅行(渡辺謙)は、時に家庭を返り見ないほど
 仕事に没頭してきた。大きなプロジェクトと娘(吹石一恵)の結婚を控え、
 忙しい日々を送っていた雅行は、50歳を前にしたある日、原因不明の体調不良に襲われる。
 ミーティングを忘れたり、部下の顔が思い出せず、心配になった雅行は病院を訪れ、
 医師(及川光博)から「若年性アルツハイマー」の診断を受ける。
 そんな雅行を妻の枝実子(樋口可南子)は献身的に支え、一緒に病と闘うことを決心する。
 (goo映画より)

前から興味あったんだよね、この映画。
「若年性アルツハイマー」で、どんどん記憶が失われていってしまう映画。

確か「私の頭の中の消しゴム」ってのも、似た感じの内容なんだっけな?
辛い内容なのは知ってたから、見たいんだけど見たくなかった。


感想文とか、昔から苦手なんだけど。

ま、ストーリーは上に書いた通りで、なんかホント切なくなった。
最初はド忘れ程度だったんだろうが、ミーティング日時を忘れたり、
いつも利用してる駅で道がわからなくなったり、同じ部署のメンバーの顔も忘れたり…。
医師からの宣告の時の絶望感とか、計り知れないだろうね。

「俺が俺じゃなくなっても平気なのか?」ってなセリフ(詳細忘れ)があったけど、
渡辺謙の演技のうまさもあるんだろうけど、夫婦共に目の前が真っ暗になるというか、
現在治療法も無い病魔に対する恐怖というかさ、我が身のことのように思えて、
たかが映画だと思いながらも、思わず目頭が熱くなってしまった。

かみさんを見たら、、
滝のように涙流してるじゃん!
そう、なにが辛いかって、その人がその人じゃなくなっていっちゃうんだよね。

こんな書き方しては、実際に病気と闘ってる方、そのご家族に怒られてしまうけど、
あえてわかりやすい表現をすると、その人がどんどん壊れていってしまう。。

指先を動かすことが脳への刺激になるということで、以前やっていた陶芸をやる。
が、記憶障害をいいことに2重請求(先生が本当に勘違いかもだけど)されそうになったり、
自分を抑えきれずに最愛の妻を殴って怪我させてしまったり。。

やがて最後には、その妻さえも誰だかわからなくなってしまう。


「忘れる」って辛いよね。

愛する人や家族との思い出もそうだし、その人の存在さえも忘れてしまう。
かみさんと出会った頃の事、結婚するまでの事、結婚してからの事、そして珠希の事…。

映画では他の家族にはほとんど触れていなかったけど、
当然ながら自分やかみさんの家族の事、知人友人の事。。。

たかが2時間ちょっと映画を見ただけの感想だけど、
手足が動かなくなって、自分で何1つできない体となったとしても、
大切な思い出だけは忘れたくないし、忘れられたくないと思う。

極端な話、全てを忘れて生きていくより、余命が短い不治の病のほうがいいとかね。。

もし仮においらが発病したとして、日に日にいろんなことを忘れ、
やがてかみさんのことも、珠希のことも誰だかわからなくなったりとか、
逆にかみさんが発病して、おいらとの思い出、おいらのこと、珠希のことを
誰なんだかわからなくなって、他人に接するような態度になったりとか。。。

もちろん、おいらに当事者の気持ちの欠片ほどもわかるわけがなく
気軽にどっちがいいだとか、そんなこと軽々しく言えるわけがないんだけどね。

久々に腰をすえてTVと向かったんだけど、見てよかった。

なんか久々に面白いもの見れた。”面白い”って、もちろん”funny”って意味じゃなく。
改めて「家族の大切さを思い知らされた」って感じかなぁ…。。
どこかのCMで「物より思い出」って言ってたけど、ホントその通りだよね。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うきうきなおP より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私、すでにこの症状です・・・[絵文字:v-12]
    おとといの、夕飯を何を作ったか、わかんない生活。
    ドクターのミッチーの問いかけに、世界の謙渡辺が答えに詰まったシーンで、その前の計算が私は出来ませんでしたから・・・[絵文字:v-40]
    悔しくって、そのシーンの後、寝てしまいました・・・[絵文字:v-75]

  2. すだち より:

    SECRET: 0
    PASS: 374fff6f35a11b69b57e947e7765fbca
    この映画、去年見ました!
    半ば強引にママと妹に映画館へ連れて行かされて見たんですがすごくイイ!
    でも、私が若年性アルツハイマーになったらどうするだろう?
    人生に失望して自ら命を絶つ?
    自分のやりたいことを思いっきりやる?
    実際、その立場にならないと分からないけど、きっと私なら愛する人の腕の中で死にたい。
    相手には申し訳ないかもしれないけど・・・。
    と考えさせられました。

  3. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >うきPさん
    「ナニを食べたか覚えてない」のは大丈夫だけど、
    「食べたか食べてないか覚えていない」ってのはヤヴァイらしいですね。
    おいらだって、おととい食べたもんなんぞカケラも覚えていません。
    あと、数字を逆に言うヤツも、非常に苦手…。う~ん。。。
    >すだぴ
    "実際になったら"ってのはどうしても考えちゃうんだけど、まあ答えは出ないだろうね。
    なのでおいらは、"実際になったら"ということを考えるのではなく
    "実際になったときのため"に、1日1日を大切に、みんなを愛するようにしようと思った。
    実際になったら… 自分で命を絶つことが頭を回るだろうね、きっと。

  4. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    辛い内容なのが分かっていたので
    僕も見ようと思ってまだ見てません。
    でも、いつか見ようと思ってます。

  5. きゃすばるにいさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 僕も見ようと思ってまだ見てません。
    偉そうに言うのもアレなんですが、「敢えて見る」ってのも得ることがあっていいと思います。
    たとえば野生動物の番組で、生まれて間もないヌーの子供がライオンにもてあそばれながら
    食べられてしまい、その一部始終を遠くから母親ヌーが見てるとかあるじゃないですか。
    残酷で見ていられないと思う反面、生きるためには他を犠牲にしなくちゃいけなくて、
    自分たちの食べ物も、他の命をもらっているんだと改めて意識したりとか。。
    ま、もちろん無理強いするもんじゃないですけど、
    お時間のあるときがあれば、おいら的にはオススメしちゃったりしまくりますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。