遺伝子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、家族団欒の1コマ。
かみさん、足の指が器用なんですよ。
5本の指が自由自在とまで行かなくとも、かなり動く。
ジャンケンのグー、チョキはもちろん、パーも”これでもか!”ってくらい開く。
足指の握力(?)も強く、もうガッシリと大地を踏み掴んでいる感じ。
箸は無理にしても、ナイフやフォーク、はさみくらいなら足で使いこなしそうな器用さ。
対して私は、足指など動きやしない。
グーとチョキはできるものの、パーなど開きやしない。
握力も微々たるもので、無理に力を入れるとすぐに足裏がつりそうになってしまう。
小指なんて、「神経かよってるのかよ?」ってくらいの弱々しさ。。。
サッカーやってて踏ん張ること多いんだけど、こんなもんなんだろうか?(涙

「珠希は私の遺伝子、麗香はかみさんの遺伝子の勝利」なんてよく言われるんだけど、
4人でゴロゴロしながら、いろいろと共通点を考えてみた。
・足指の器用さ
 -私とかみさん:前述の通り
 -珠希:うーん、私よりはよく動くけども大差無い感じかな。
 -麗香:めっちゃ動く。手の指のようにパーが開く。確実にかみさんの血筋。
・耳が動く
 -私:動くわけナシ。
 -かみさん:ヒクヒクと動く。よくいる「耳が動く人」って感じ。
 -珠希:動きそうもない(笑
 -麗香:真顔でジッとし、必死に動かそうとしてて超かわいい! 今にも動きそう。
・手の小指だけ曲げる
 -私:ダメ。一緒に薬指もついてくる。
 -かみさん:ちゃんと小指だけ曲がる。できない私を不思議そうに見てる。
 -珠希:どうもダメっぽい。一緒に薬指が曲がっちゃう。
 -麗香:まだうまくできないが、小指だけ曲がる雰囲気いっぱい(笑
・性格
 -私:長男だからか慎重派。おとなしいほうだと思う。
 -かみさん:天真爛漫というか無鉄砲というか怖いもの無しというか。。
 -珠希:とっても慎重派。石橋を叩いておいて渡らないことも。
 -麗香:勝手に高い所に登っては降りられず。何も考えずに走ってはぶつかる。
・他人との物理的な距離
 -私:まあ普通? 親しい人でも、あまり正面から近寄られるのは苦手。
 -かみさん:会話する時近い!
 -珠希:こいつもまあ普通だと思う。
 -麗香:近すぎ! ってか、ぶつかってる! 鼻水くっつけるな!(笑

……
なんか面白いよね。
私たち2人の子だから2人の特徴を持っているとして、こんなに分かれているとはね。
“できない項目”が多くて悔しい私は
「普通の人間は薬指と小指の神経繋がってるから、小指だけ曲がらないんだよ。
 耳の筋肉だって、人間に進化の過程で退化してるのがフツーなの。
 足の指が動きまくるのだって、わけわかんねえし」
と毒づくのが精一杯。
他にも、私と麗香が似てる部分、かみさんと珠希が似てる部分など、
探してみると何かしらどちらかの遺伝子が勝利してるところがあって楽しい。
あ、まつげの長さだけは珠希も麗香も私の遺伝子の勝ちだな。
だってかみさん、とっても控えめなまつげしか無いもの(笑
ディズニーなとこに行ってきた時の写真

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。