賛成できない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるニュースを見つけた。
今まで何度も書いた”責任能力”に関しての記事。
-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -
・【地域】障害ゆえの犯罪行為、理解を…裁判などでの支援運動始まる 大津
 http://white0wine.blog10.fc2.com/blog-entry-1972.html
 発達障害や知的障害がある人が犯罪を犯した際、裁判などで支援する試みが始まった。
 障害の特徴を理解してもらおうと、法廷での意見陳述やハンドブック発行に取り組む
 同市障害者相談支援事業所「やまびこ総合支援センター」の活動を報告する。
 7月下旬、大津地裁で開かれた公判。被告は、女性の体を触ったとして、
 滋賀県迷惑行為等防止条例違反の罪に問われた20代男性。
 人とのコミュニケーションが難しいとされる広汎性発達障害がある。
 意見陳述した同センター員は、事件前、男性が対人関係に慣れるため、
 共同生活を送るケアホームへの入所をセンターに相談していたこと、
 以前にも緊張から女性の体に触ったことがあったと打ち明けていたことに触れた。
 男性は懲役5ヶ月、執行猶予5年の判決を言い渡された。
 裁判官は「広汎性発達障害のため、適切な方法でストレスを発散できなかった」
 と述べ、障害に一定の理解を示した。
 こうした活動に加え、センターは障害の特徴ゆえに犯罪行為と誤解されやすい事例、
 逮捕後の法手続き、当番弁護士の連絡先などを記したハンドブックを作成した。
 誤解例では
 「毛玉に固執する人が、女性の服の毛玉を触って痴漢と間違われる」
 「小さい子どもが好きで、急に抱っこして不審者としてみられる」
 「突然パニックになって暴れる」
 などのケースが挙がる。
-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -
度々言われる「理解」とは、なんなんだろう?
 -迷惑を被っても我慢しろと?
 -被害を受けても泣き寝入りしろと?
 -何をやらかしても仕方ないと諦めろと?
社会的なバランスを大きく欠いていると思うんだ。
 -毛玉があろうとなかろうと、触られた不快感と恐怖は変わらない
 -好きだろうと何だろうと、いきなり抱かれた子供の恐怖心は変わらない
 -パニックだろうと何だろうと、暴れられた被害は変わらない
関係無いんですよ、加害者の都合や状況なんて。
殴ってきた相手が健常者だろうと異常者だろうと、痛みは一緒。
「加害者」の立場ばかりが持ち上げられ「被害者」の気持ちは踏みにじられる。
 あなたの最愛の人が、無残にも刺し殺されました。
 けど、刺した人は重度の知的障害者だったんで諦めてください。
歩道橋を歩いていた3歳児をいきなり抱え、下に投げ捨てた事件あったよね?
あれも”心神耗弱”とのことで大幅に減刑された。
納得できる人がどこにいるの? いるなら連れて来てほしい。
刑法第39条「心神喪失者ノ行為ハ之ヲ罰セズ」
これ、いつになったら削除されるんだろうね?
この根底には、確か
「障害者は何が悪いのかわからず罪の意識がなく、罰を受ける理由も理解できない。」
という考えがあるんだと思った。
簡単に言えば、「叱ってもなにもわからないのに、叱っても仕方ないでしょ」と。
理解、、 と言うか、言いたいことはわかるよ。
乳児がヨダレを垂らしたからって、理論だって叱るバカはいない。
でも、被害者の無念はどこに向かえばいいの?
-ルールを理解できないから仕方ない
-自分の衝動を抑えられないから仕方ない
-罪という概念が無いから仕方ない
それを一方的に「理解しろ」というなら、答えは「NO」以外ありえない。
「人間社会のルール」に従えないなら隔離するしかない。そう思うんだけど。
> 154 :名無しさん@十一周年:2010/10/29(金) 10:09:36 ID:KYqiNrCnO
> こういう連中がいる限り俺の障害者蔑視は止まない
正直、私も同じような意見。
「蔑視」というか、「一切関わりたくない存在」という意識だな。
私自身がちょっと殴られる分には”泣き寝入り”してもいいけど、
妻子や家族が大きな被害を受けても”泣き寝入り”できるほどの器の大きさは無い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大工@PC より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突き詰めていくと健常者でも問題を認識していたかいなかったかで責任の所在とか罪に問うかとかになってくんだよね
    ※いま話題になってる小6の女の子の自殺での学校の責任とかね
    政治家とかね
    こういうのを正当化するためにもこの手の問題は罪に問いたくないんじゃないのかって考えたりね
    責任というのは知っていたいない・罪と認識しているいないは関係ないはずなんだけどね
    車を運転していて突然の発作に見舞われて事故を起こしても事故責任はあるのと同じだと思うんだけどね
    まぁ、社会生活に不適合な知的障害者は社会復帰させずに隔離とは言わないまでも施設に置いて置くほうが彼らだけでなく社会全体の為だと思うけどね

  2. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 車を運転していて突然の発作に見舞われて事故を起こしても
    > 事故責任はあるのと同じだと思うんだけどね
    うん、責任はあると思う。
    けどこういうときこそが"心神耗弱・喪失"を適用すべきケースなんじゃないかと。
    とにかくさ、「何をするかもわからない」「その責任も問われない」という
    無法地帯のような扱いじゃあ、寄るな触るなという対応しか無いよね。

  3. 大工@PC より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >無法地帯のような扱いじゃあ、寄るな触るなという対応しか無いよね。
    ならざる得ないのが実情だよね
    障害者の親は我が子の権利を訴えるけど健常者の子供の親にも子を守る権利があるからね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。