ヘルパンギーナ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜から長男たまちゃんが8度超えの熱、
昨日は長女麗香ちゃんまで8度超えと、珠希は熱は下がったものの喉の痛みがある様子。
で、午前中にかみさんが病院に連れて行ったところ、「ヘルパンギーナ」らしい。
なんだそれ? 聞いたこと無い。
・ヘルパンギーナ
 http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/byoki/2/kenkou03_13.html
 夏かぜの一種で、高熱とのどにできる水疱が特徴。
 水疱がつぶれると痛むので、赤ちゃんは不機嫌になり、食欲も減退します。
 熱は2~3日、カイヨウも1週間ほどで治ります。
通常は、いわゆる「夏カゼ」レベルで高熱による脱水症状に気をつければいいみたい。
ただまれに中枢神経(脳や脊髄)に入り込み、髄膜炎を引き起こすことがあるらしい。
これが怖いんだよね。
普通に風邪ひく分には、
「小さいウチはそこそこ病気もらって、体が強くなってくれればいいや。」
程度に思っていたりするんだけどさ、髄膜炎なんかになっちゃうと、
後遺症や、それこそひどい時には命まで落としかねないわけじゃない。
大人なら症状を正確に伝えたりできるけど、子供だとそれもままならないから
やっぱり親が観察し、なにか変と感じたら早めに病院に連れて行かないとね。
もちろん、何でもかんでも病院に行けばいいってもんじゃないだろうけど、
でも、一時の迷いで自分の子供が取り返しつかなくなったりしたら、悔やみきれないし。
悩ましいことばかりだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。