景気良くならんかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩のニュースで、失職しホームレスとなってしまった人のインタビューが流れていた。
「俺はまだやれる。なんでもいいから仕事がしたい。身を粉にして頑張る。」
ってことを言っていたかな。
貯金も尽き家賃も払えず”住所”がなくなると、仕事にもありつけないと。
・「ずっと路上生活」と申込者 東京都が派遣村の受け入れを開始
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000530-san-soci
 申し込みをした男性(36)は「一昨年の夏には派遣切りになり、ずっと路上生活を
 続けてきた。寒くて眠ることが出来ない。まずは体を休めて何とか職を見つけたい」
 と疲れた表情で語った。男性は昨冬の「年越し派遣村」にも参加したという。
36か。。私と同い年。
30過ぎたら転職は難しいとは言うけど、まだまだ働き盛りだし
“やれる”年齢だと思うんだよね。「36は用無し」では、この社会は切なすぎる。
当初は「不安定な派遣を選んだ自己責任だ」「スキルをつけなかった自業自得だ」
とかの見方もかなりあったけど、そういう域ではないこの日本に危機感を覚える。

なんだっけ? 880円くらいのジーパンだっけ?
牛丼屋もまた値下げ合戦を繰り広げている。
もちろんそれだけじゃなく、いろんな商品が安く売られ
築地なんかでも高額品は全然動かないらしいね。
良くないと思うんだ。
経済学とか全然知らんけど、値下げで利益が圧迫され、人件費の安い他国に依存し、
国内の製造業やその他いろいろな企業が冷え切っていく。
とあるメーカーなんか、週に4日休みだと。当然その分給与は減らされる。
瞬間的には消費者の懐に優しい商品ではあるけど、
長期的には自らの首を絞める消耗戦なんじゃないだろうか?
新卒の就職率も酷いもんなんだよね。
これからと言う時に門戸を閉ざされたような社会では、生きる価値が見い出せない。
怠惰に過ごしてきた学生もいるだろうけど、しっかりとビジョンを持ち
勉学に励んで夢を見てきた学生だって少なく無いと思うんだ。
なのにいきなりの挫折だもんね。
“新卒社会”の日本では、これはものすごい挫折。
下手に無職期間が増えてしまうと、どんどん取り返しがつかなくなる。
早く明るい社会になってほしいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。