傘の持ち方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか暖かくなったり寒くなったり、スッキリしない天気ばかり。

そんな天候のせいなのか寝相のせいなのか日頃の行いが悪いのか、
なんだか強烈に右背筋が痛くてたまらない。
少し下を向くだけでもかなり痛いもんだから、なかなかキビシイですよ。


で、今日は雨。

当然ながら、通勤電車は傘を持った乗客ばかり。自分も含めてね。

でさ、傘を横(=地面に並行)にして持つヤツってなんなの? 暗殺者なの?
人の迷惑とか、自分が周りに与えている危険を感じないの?

平坦な道を歩いている分には、まあ腰の辺りに尖った先が当たるだけだけど、
子供にとっては顔面を突き刺す凶器となる。

あと、階段を登っている時にそういう持ち方になる人もいるよね。
後ろにいる人にとっては、それこそ大人でも危険極まりない。

幸い私は自分の目の前でこんな人に遭遇したことは無いけど、
もし目前でされたら当たったふりでもして叩き落すけどね。ホントに。

あとさ、歩きながら傘を上に向け絞る(まとめてる)ヤツはなんなの? グフなの?
こういう人に限って、手元だけを見ていたりよそ見してたりで
前から歩いて来る人がいても”アウトオブ眼中”状態。
これも顔の高さに尖った先が来るわけで、危なっかしくて仕方ない。
普通に先を下に向けてやれば済むことじゃない?

なんか、だんだんと思い出してきた(笑

傘がビッチョビチョのまま留めずに乗車し、その濡れた傘をワサワサさせながら
他人のズボンに押し付けてくるヤツもいる。

席の端に座っている人が、脇の手すり部分の外側に傘を掛けるから(わかるかな?)、
脇で立っている人がその傘でビチョビチョになる。

酷いのになると、吊り革につかまって肘部分に傘を掛けるもんだから、
座っている人の膝にボタボタと雫を垂れているのに知らん振り。


危機回避のためには、常々”想像力”が必要だと思っているけど、
周囲の危険の予測はおろか、自分の行動が及ぼす危険性すら認識できないような
人間がいるのは、本当に困ったものだと思う。

世の中、残念な事故が多いよね。
子供を放置しておいて、ベランダから落ちただの火事になっただの。。
そんな悲劇が多いのもうなづける気がする。残念なことだけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大工@携帯 より:

    SECRET: 0
    PASS: edf7f731992888deb79ac527cee78948
    本題に対しては同意見だけど、携帯からだと画像の文字が小さすぎて読めねぇぞ(怒゜Д゜)ノノコラァァァァ!!
    って、感じかな

  2. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 携帯からだと画像の文字が小さすぎて読めねぇぞ
    説明するほどのもんじゃないんだけど、右から
    -良い大佐
    -悪い大佐
    -目を刺されたかわいそうなおじさん
    って感じだよほほ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。