魔の手

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焦った。本当に焦った。
昼過ぎ、久々に駅前の回転寿司にでも行って、
その後公園で子供を遊ばせようと家族でバスに乗って出掛けた。
なんの変哲も無い、休日の家族のひと時。
回転寿司屋は繁盛しているようで、大した”ネタ”が回ってこないので、
かみさんが好きに注文していた。
珠希もけっこう魚は食べるので、マグロを取って箸で小さく切ってあげたり、
サバも同じように適当な大きさにしてあげたり、珠希もおいしそうにしていた。

ふとした瞬間から、珠希が突然しゃべらなくなり、食べなくなった。
なにか喉に詰まらせたように「ゲホッ、ゲホッ!」と咳をし、涙ぐんでいる。
呼吸はできているし、意識も明瞭。
一時的にちょっと詰まっただけか? 水、ジュースを飲ませる。
「ぱぱ、うんち」
少しアレルギー持ちだから、なにか体に合わずに腹が痛くなったのか?
かみさんに外の公衆トイレに行くことを告げ、珠希を抱っこして先に店を出る。
トイレではおしっこは出たもののうんちは出ず、ただ元気が無く咳をする。
ちょっとおかしい。いや、絶対におかしい。
以前、学校でパンを詰まらせ死亡した小学生の事件が頭をよぎり、毛が逆立つ。
トイレを出ると、清算を済ませたかみさんが待っていた。
私「やっぱりおかしい。救急車を呼ぼう。」
妻「うん。」
119番にて児童の救急相談窓口の電話番号を確認。
すぐにそこに掛けなおし、過程と状況を説明。救急車をよこしてくれるとのこと。

……
背中をさすりながら珠希を抱っこして待つ。
少しでも息が止まるようであれば、ハイムリック法もしくは背部叩打法をと考えながら。
都内での救急車の平均到着時間は7分だったか?
休日でそう通行量が多くないし、ターミナル駅だから遅くても10分はかからないだろう。
そうしているうちに救急車到着。
ジェスチャーで「こっちです」と合図をしながら寄って行き、
救急隊員の指示に従い後部から乗り込んで、、、
「おええぇぇぇー!」
珠希がすごい勢いで吐き出した。私の右肩~右足に掛けて吐しゃ物でデロデロ。
それはいいんだが、抱っこをしている状態なので上体を低くさせてやれない。
 -3歳児が、この体制での嘔吐で大丈夫なのか?
 -いや、救急隊員もいるから万一の時でもなんとかなる
なんて考えながら、なるべく吐きやすく、かつ気道が詰まらないよう体勢を変える。
一通り吐き終えたところで、救急隊員にバトンタッチ。
横向きに寝かせ、顎を少し上に向けて気道確保を確認している。
同時に指につける血中の酸素濃度と脈拍を調べる機器(なんていうの?)で
ステータスを確認している。
珠希は大きな声で泣き叫んでいるので、呼吸は大丈夫みたいで少し安心。
稼動している小児科を探してくれ、念のためそこで診てもらうことにした。
呼吸音は正常なので、”詰まり”は無いだろうとのこと。
ただ、肺の中に異物が入っているとそれで炎症を起こすこともあるので、
明日再度診てもらうことに、、 って感じ。
非常に的確に動いてくれ、安心させてくれる言葉を掛けてくれ、
その他いろいろ気遣いをしてくれた救急隊員の皆さんに深く頭を下げ、
病院の医師にも頭を下げ、とりあえず病院を後にした。
帰り道。
私の上着、珠希の上着は吐しゃ物で着れたものじゃないので脱いで歩く。
珠希「まーまー、さむいよー」
かみさん「じゃ、ママの着ようか」
珠希「うん」

不釣合いな上着がかわいくて、ついつい笑ってしまった。
でも、とりあえず大事に至らず本当に良かった。
最初に載せたバスの中での写真が珠希の”最期の写真”なんてなったら、冗談じゃない。

今回の原因はちょっとわからない。
おかしくなる前に、ちょっと大きめのタコを食べていてそれが詰まり気味になったのか、
それとも今回初めてイクラを2~3粒食べたから、それのアレルギーだったのか、
そうでは無い他の原因なのか。。。
とにかく疲れた。
今年に入ってから、本当に何1ついいことが無い。嫌になるね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぶう より:

    SECRET: 0
    PASS: 1cbbf47a672901af5b938f751c78bb41
    その後如何ですか?
    3~4歳の頃のなま物の摂取は難しいですもんね。うちもホタテがダメでした。
    特に青魚(ひかりもの系)は、アレルギーがあるお子さんは、小学生ぐらいまで控えた方がよいようですよ。
    たまちゃん、風邪の症状は無いですか?
    風邪引きのときのなま物は、体に負担が大きいと聞いてますので避けたほうが無難です。
    いずれにせよ笑顔でいられる様、お祈りしております。

  2. との より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    非常に怖い出来事ですね。
    同じ年頃の子を持つ親として、ひと事ではありません。
    それにしても大事に至らず何よりです。
    ためらわずに119番したことが、
    なによりも的確な処置だったのでしょうね。
    ただ原因がよくわからない点が気がかりですね・・・。
    話は変わりますが、また今度遊んでください。
    うちの子もだいぶ大きくなり、わがままになりましたよ。

  3. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ぶうさん
    タコやサバ、マグロなんかは以前からちょくちょく食べていて大丈夫だったんです。
    イクラは初めてですが、人工イクラ(=寒天、アルギン酸ナトリウム、塩化カルシウム)
    でしょうから、大丈夫なんじゃないかと(勝手に思ってた)。。
    なんにせよ、今日はアレルギー血液検査をしているはずなので、
    帰ってからかみさんに詳細を聞こうと思います。
    >との
    お久しぶりです。
    日頃偉そうに書いているし、こういった"事故"等には
    ものすごい気を遣い、意識を巡らせ、常に先読みをしているつもりだったんです。
    けど、それだけじゃカバーできないことがほとんどなんでしょうね。。
    > ためらわずに119番したことが、なによりも的確な処置だったのでしょうね。
    一瞬迷いましたけどね。
    ただでさえ救急車を無駄に呼ぶ輩のことがニュースになっている。
    珠希だって、ちょっとゲップでもしたら済む問題なのかもしれない。
    けどやはり「万一命に関わったら」というリスクのほうが圧倒的に重かったです。
    で、、、 ぜひまた遊びましょうね。水族館行きましょう。

    いや、もうね、こんなに毛が逆立って真顔に冷静になって、
    細胞の1つ1つまで血がドクドク流れているのがわかるような感覚になったの、
    生まれたばかりの時に「胎便吸引症候群」で急遽運ばれた時以来です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。