世の中”銭”じゃ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは、このサービスを”悪い”とか言うつもりではないことを念頭に。。
知人からメールの連絡が来て、
「富裕層向けに24時間365日の看護サービス」といった事業を始めるらしい。
国の訪問看護サービスでは利用時間等に制限があるけれど、
そういった制限をなくしての密着した介護が可能なんだろうね。
こういったサービス、これが初ではないとは思うけど、、、
なんか複雑な気分なのが正直なところ。
お金なんだよね、「お金」。
いい年して何をなまっちょろいこと… と思われるだろうけど、
経済的な差で老後に介護されるか放置されるか… が決まってしまう。
今まで受けられなかった時間帯のサービスが、お金で解決することができる。
サービス自体は誰に迷惑掛けるでもなく、プラスになるいい事だと思う。
けどこの”格差”、果たしていいことなんだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大工@PC より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    無いと思う。
    でも悪いことでもないと思う
    すべての人へ平等にとなるとそれは民主主義じゃなく社会主義になってしまう
    社会主義は労働意識としか競争意識を失わせ人が努力しなくなる
    努力を失うと技術は低下する、努力を必要とする職業の衰退を呼ぶ
    格差があるからこそ努力をするしのし上がろうとするんだと思う
    まぁ、しょーがないって言葉では片付けられない物だけど
    ある意味民主主義、競争原理とか保つためには必要なのかもね
    要は人が楽を知ってしまうとってやつね
    努力しようとしまいとある一定以上の保障を受けてしまうと
    ある一定以上の努力をしない人が出てきてしまう
    それを補うために努力してる人たがより多くの努力をし
    努力しない人を補わなければいけなくなる
    ここでなぜ身内でも血縁でも無いもののためにとなり
    不満が出てくる
    確かに努力してものし上がれない人も居ると思う
    でも、ゴールが決まっていたら人間は自分に甘い生き物だから
    ダメになってしまう

  2. 大工@PC より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    親がp(^ ^)q ガンバ!ってお金をため、子がそれを増やしていくってのが理想なんだろけど、3代目がダメにするって定説があるくらいだからね
    働かなくてもお金に困らない物は努力しなくなる
    それと同じ、逆に言うと努力してお金をためた人だけへの代価として
    老後の保障が得られるわけで
    だから年功序列から実力社会にシフトしたはずなんだけどね
    世の中上手く行かないもんだね

  3. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うん、大ちゃんの言うことはもっともだと思う。
    このサービスが悪いとか思う気持ちは微塵も無いし、良いものだと思っている。
    引っかかっているのはこのサービスうんぬんじゃなく、
    「世の中お金次第」って部分ね、わかりやすく言っちゃえば。
    資本主義が嫌なら、、 貧乏が嫌なら、、 という議論ではなく、
    現実として事故や病気で財産を失い、明日の食事もままならない人には
    救われる道というのは限りなく少ないんだな、ってね。
    万人に満足のいく"システム"なんて無理なんだけどね。

  4. 大工@PC より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    万人にある程度の社会保障とか満足がいかないまでの職とか食事・住む所を作るためには自由な民主主義では無理だから社会主義のようなシステムにならざる得ないよね
    アメリカなんかだと大金持ちが引退後に資産の何割かを研究施設とかに寄付したりして財団作ったりしてるけど、日本の金持ちはほとんどしないからね
    全部国任せ、民間任せで得た財を還元とかクリスチャン的な感覚は無くなってるね
    でも、昔の日本の商人さんは商売で得たお金はお客さんのお陰ってことで橋をかけたり道の整備をしてくれたりってあったんだけどね
    いつから儲け主義になったちゃッたんだろうね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。