珠ちゃん5歳!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過ぎたことだけど、11/15に我が家の至宝たまちゃんが5歳になりました。
なんかね、ホントこの5年間大きな事故や怪我なく元気で育ってくれて感謝の気持ち。
ガラスの心で少し泣き虫だったり、ちょっと怖気づきやすいところはあるけど、
そんなのは”元気・健康であること”と比べたら小さいことだよね。
15日は私は遅かったので、かみさんと麗香の3人でお祝い。
20日の土曜には、私の実家にて改めてお祝い。

バースデーケーキはこれ。またもやアンパンマンがいいというので昨年と同じもの。
後ろにタバコと台ふきんが写っているのは気にしないで(笑
で、お楽しみのプレゼント。Nゲージ N700系新幹線ね。
私と珠希はもう夢中。脱線しただの直そうだの、男の世界に没頭。
これね、連結部分がすごく複雑で大人でも連結させるのに苦労するのよ。
ヒマになっちゃったかみさんと麗香は、なんか変な歌を歌って遊んでるあんばい。

なんとも生活感の溢れた動画だけど、まあいいでしょ(笑

とにかくさ、元気でいてくれることは本当に幸せなことだと思う。
親としては「将来の子供本人のため」という理由を盾に
ついつい「あれもこれもできるように」とまくし立ててしまい、
重圧を掛けてしまうわけなんだけどさ、、、
-でも最初なんて、寝返りできただけで家族中喜び大騒ぎだったわけじゃん。
-お座りできただけで褒め称え、立ち上がっただけで友人知人に自慢し、
-言葉を話したら「この子は天才なんじゃないか?」と心躍らせてたわけじゃん。
別に向上心を持たない意味ではなく、でもその子供の本質的な”存在”それ自体を
いつも大切にし、無条件に愛してあげ、褒めてあげる姿勢を忘れないようにしたい。
元気な笑顔で遊び、泣き、ジュースをこぼし、おねしょをし、部屋の壁に落書きし、、
それが子供たちから私たちへの、かけがいの無い1番大きなプレゼントだと思う。
やがて小学生ともなれば数値化された成績も渡され、
クラス内での相対的順位や一般的な偏差値なんかも意識しちゃうんだろうけどね。。
ただそういった”成績だけが大切”という狭い視野に囚われずに、
子供本人の、その子なりの良いところにも着目し続けてあげたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぶう より:

    SECRET: 0
    PASS: 1cbbf47a672901af5b938f751c78bb41
    >とにかくさ、元気でいてくれることは本当に幸せなことだと思う。
    烈しく同意。
    元気が一番。
    おめでとうです!
    #お見舞いのコメ有難う御座いました。&Nゲージうらやましっす。

  2. haku より:

    SECRET: 0
    PASS: 3e460fb132afa11acc1f1a28e12d03a7
    二人まとめて七五三をダシにして、みんな(親子4代とか)でスタジオアリスとか行って記念写真撮ってもいいんじゃないですか。
    12月に入ると空いてきますし。
    いい思い出になると思いますよ。

  3. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ぶうさん
    そうですね、元気でいてくれるのが1番だと思います。
    ぶう太君も快復されたようで良かった!
    >hakuさん
    写真も、当初はちゃんとした写真屋さんの予定だったんですけどね。
    麗香の体調不良でキャンセルしちゃいました。
    機会を見つけて行ってみたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。