納得できない その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

で、返信メールが来た。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
君Ope 様
株式会社クロスリスティング、モンキーポッドチームでございます。
~中略~
サイト名、紹介文、URLなど登録内容に変更がある場合、再度こちらで審査させ
ていただくことになるため、審査サービス「クロスレコメンド」へのお申込みを
お願いしております。
お客様のサイトはすでにカテゴリー登録されておりますので、
審査料金は通常の半額にて承っております。
再審査にあたり、専任のサーファーがあらたな情報を盛り込んだタイトル、
紹介文を作成いたします。
事前にアピールポイントをお知らせいただければ、作成の際に考慮もいたします。
~中略~
「クロスレコメンド」にお申込みいただけない場合、登録内容変更が行われないため、
特にURLに変更がある場合、定期的なデッドリンクチェックにより、お客様のサイトの
登録が取り消されることもございますので、その旨あらかじめご了承ください。
~中略~
株式会社クロスリスティング
モンキーポッドチーム
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
つまり、
 ・URLが変わったのなら再審査が必要
 ・そのためには審査料金が発生する
 ・で、既に登録されてるから通常の半額でいい
 ・申込まない場合は登録取り消しもある
と受け取れる。ってか、そう書いてある。

わからない。。。
X-LISTINGの設立は、確か2005年末あたり。
その時点でおいらは既にNEWEBドメインからは移転し、
DIONのDDNSサービスを利用していた。
おそらくどこかのディレクトリデータを流用(継承?)したんだとは思うんだけど、
とりあえずその”新しく設立”する時点で、データが最新であるかのチェックができてない。
でもって、そのサイト管理人が
「それ、古いデータ(URL)だから、新しいURLに修正してください」
って依頼すると、それには費用が発生するという。
おかしくね?
こういう言い方はアレだけど、どうせX-LISTINGがディレクトリ提供している
gooやexcite、DIONやOCNなどのポータルからの訪問者なんてほぼ皆無だし、
日本の検索エンジンシェアなんて、YahooとGoogle、MSNでほとんどを占めてる。
だから、1つのディレクトリでURLが古いままであろうと、正直どうでもいいのよ。
ページにはリダイレクト設定もしてるから、「リンク切れで来れない」わけでも無いし。
おいらにメリットがあるとしたら、被リンクによるSEO効果くらい。
けどね、気持ち的に、Web上で古いURLが残っているのが気持ち悪いんだよね。
ってかそれ以前に、なんで「金を払う必要があるのか」ホントわからない。
登録時、おいらから依頼してNEWEBドメインで登録したのが、
ぼくの都合でURL変更になるので、費用が発生するならわかる。
いや、URL変更で課金するディレクトリエンジンなんて、
33年生きてきて1度も聞いたこと無いけどね。まだ納得できる余地がある。
だけど、
 -いつの間にか登録されているのに気がついて
 -それが違うから修正してちょうだい
ってのに、なんで金を払う必要があるの?
…つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。