ライアン・ギグス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は「マンチェスター vs ガンバ」のゲーム。クラブワールドカップね。
世の中はクリスチアーノ・ロナウドやルーニーのニュースばかりだけど、
私としては、やっぱりギグスを応援したいんだな。
 ジャックナイフでしょ!
 衰えを知らぬ35歳でしょ!
 そして、あのモシャモシャ胸毛でしょ!!
…いやまあ、さすがに衰えてきているけど。。。
でも、とにかくこれを見なさいよ。すごいから。

尋常じゃない加速力とスピード、グキグキとターンしてディフェンスを置いていく。
ホントもう、”切り崩す”って言葉が最適のドリブラーだよね。
こんなの相手にしなきゃいけないディフェンダーがかわいそう(笑
フィーゴが「フェイントでかわす」ってタイプのドリブラーとすれば、
ギグスは「スピードで抜き去る」ってタイプと言えばわかりやすいかな?
「気づいたときにはそこにいない」って感じ。鋭角的にバシバシ抜いていく。
彼、1973年11月29日生まれなんだよね。私は同年1月。
同い年の男として、未だにあのスピードとキレと胸毛の濃さに憧れる。
あ、胸毛を見たい人はこちら。


と言うことで、ギグスのユニフォームも買っちゃったのだ!
これもユニフォームコレクションに追加! にひ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コーナーキックからの得点、ルーニーの得点はギグスのおかげでしたね。
    ドリブルだけではない、正確なキックもギグスの大きな魅力だと思います。

  2. きゃすばる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうですね。
    ロナウドの"ドカン!"ってヘッドも、ギグスの正確なキックのおかげ。
    ルーニーの得点も、そのパスを出したギグスの絶妙なコントロールのおかげ。
    どうしても得点者にばかり目が行っちゃいますけど
    (特に上記2人はいろんな意味で派手ですしね)
    そのお膳立てのベテランにもスポットを当てて欲しいと思います。
    彼、あと1年で契約切れるんでしたっけ? 日本おいで~!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。