人は同じ過ちを繰り返す・・・まったく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「進撃の巨人」ってご存知ですか?

数m~数十mの巨人が生息しており、奴らはなぜか人間を食べようと襲ってくる。
人々はいつからか巨大な壁の中で平穏な生活をしていたのだが、
ある日、超巨大な巨人がその壁をブッ壊し・・・

あー、なんか私があらすじ書くと、すごくつまらない作品みたいになる(笑)



いや、面白いんですよ。
とは言え、女型の巨人の中身が捕まったあたりまでしか知りませんが。。。

マンガ(本)の方はほとんど見たことありませんが、深夜にやっていたアニメは
絵も非常に上手になっており(笑)、かみさんと楽しみに見ていました。


そんな「進撃の巨人」が実写化!
そう、実写化! 実写化ですよ実写化!!



“実写化”と聞くと、
「デビルマン」をはじめ「ドラゴンボール」「ガッチャマン」「こち亀」等々、
なんとも切なく、思い出を壊された気持ちになるのは私だけではあるまい。
そして、トドメが現在流れている「ぬ~べ~」でしょうかね。。
なんでゆきめがあんなおばさんになってるのか。。



あ、「変態仮面」は最高に良かったですね。続編やらないかなぁ。。
「テルマエ・ロマエ」も実写化成功なんじゃないでしょうか?

そして、今の心配事としては「寄生獣」でしょうか。。
実写予告編を見た限り、ちょっとCGがテカりすぎでウソっぽいような。。

細かいこと言うと、朝に奥さんがご主人にバグッ!と一撃されるシーンなどは、
  • マンガ→平凡な朝が、いきなり理解する間もなく崩壊
  • 実写版→頭パカッ!>ウヒー!(ガクガクブルブル)>そしてバグッ!
と、ちょっと訴求の方向が違っちゃっているのがね。。



– – – – – –



横道に逸れました。「痛いニュース」さんネタです。

・実写版「進撃の巨人」のキャスティングが酷すぎると話題に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1818314.html
 主演の三浦は、自由を求める者・エレンに息吹を注ぐ。
 原作でも人気を集めている、戦場を舞う女神・ミカサには水原希子、
  心優しき賢者・アルミンには本郷奏多、反逆の刃・ジャンには三浦貴大、
飢えた狙撃手・サシャには桜庭ななみ、暴走する無邪気・ハンジには石原さとみが扮する。
 実写版で新たな生まれたキャラクター、人類最強の男・シキシマ・・・



めんどいので略。
ってか、誰だよ「シキシマ」って!?(笑)
お掃除リヴァイはどこ行っちゃったんだよ?

しかも、なんかロケットランチャー持ってない? そんな強力な武器あるの?
巨人は誰? 和田ア○子とかア○ガールズとかがやるの?

そもそも、何故に実写化しないといけないのかがわからないよね。
なんかもう、どうなってしまうのやら。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。